FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
2013年10月24日(木)

18℃/20℃ 雨

台風の影響で午前中は強い雨
扇風機を片付けたり、梅干しの様子を見たり、洗濯物を干したり
午前中は家事をこなした

午後から少し雨が弱くなったので畑へ

昨日移植したこぶ高菜とのらぼう菜は、雨のおかげでしっかり活着している
やはり移植は雨の直前に限る

下の畑の畝立てをしてから初めての大雨
水はけの具合を確かめると、北側のはけが悪い
四隅に土が集まっていることもあり、水が畑の外に出て行っていない
平鍬で明渠を掘り直して、多少水が流れるようになった
畝自体を高くしているので、野菜にはそう影響ないとは思うが、作業効率を考えると水はけは必須
ちなみに上の畑は草の力なのか、春に比べて水はけが凄く良くなっている

雨で草取りも出来ないので、ナスの撤去をすることに
ちょこちょこと実がなっているが、商品価値があるナスは数本
ナスはF1品種なので、全て撤去する
10本ほどの苗だったが、両手でも引っこ抜くのが大変なくらい生長している
殆ど肥料もやってないのに、良く頑張ったと思う
来年は固定種を播いて、再来年は自分の種を播きたい

今日も蕪と水菜の間引きをして、帰宅
蕪はほんとに種を播きすぎていて、今日も落胆した
水菜も播きすぎてはいるが、間引き収穫で問題なくいけると思う

明日も雨の予報
そら豆の種を播いてみようかな
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2013年10月2日(水)

20℃/30℃ 晴

昨日の疲れで9時前まで寝ていたが、筑紫野市の倉掛さんの電話で起床
来週、就農補助金の面接に来るそうだ
どういう面接なのか

しんどい体だったが、しっかり朝食を食べて、山本家へ野菜を届ける
千両なす1袋 150円
丸オクラ1袋 100円
菜心1袋   150円
唐辛子1袋  100円
枝豆1袋   300円
合計    800円

農業を始めて初のお客さん
嬉しくてかなりサービスしてしまったが、お金を頂けると言う事は本当に嬉しいこと
このお金でまた種が買えるし、農作業が安心して出来る
実際にはもっと売らないと安心できないが、この積み重ねだと思う
どうやってスムーズに届けられるか早いとこ考えないと
来月には野菜がどんどんできてくる

その後は、ナカハラ種苗へ
以前から行ってみたかったお店
竹下駅の近くの幹線道路の角にある
こじんまりとした店内に種や農作業の用品が綺麗に陳列されている
F1の種以外にも在来種・固定種の種が全体の2割くらい置かれている
地元の在来種も数点置いてあったので、来夏の作付は在来種にも挑戦してみよう

大根、豌豆、サニーレタス、ニラ等の種と失敗気味の出島の種芋1㎏を購入した

午後からは、香附子取りと水やり
白菜とブロッコリーはつがったようだが、まだまだ元気がない
もうちょっと水やりを継続する
ここ2週間で播いた種は、レタス以外は発芽良好
しっかりと水やりをしてレタスの発芽を信じたいが、芽が出なければ、播き直し
暑さが原因か、乾燥が原因か、採光が原因か
好光性種子なので、採光かも知れない

ししとうと唐辛子を撤去
ししとうは真夏に葉がしおれ、ここ1ヶ月収穫できなくなっていたので、撤去
唐辛子は十分に株が育ち、9割方赤く色づいたので株ごと抜いて、車庫で乾燥させることにした
鷹の爪1株と唐辛子2株
自家用、漬物用、そして販売するのにも十分な量が採れた

枝豆を連日食べているが、今日は大豆として育てている八尋さんからもらった苗のやつを食べてみた
小ぶりだが味が良い
中川さんの黒豆は大きいが、甘みが足りない
黒豆として収穫することにする
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2012年10月27日(土)

今日は天気予報通りの雨
しとしと雨
気温は12度くらいで寒いので、芋掘り&蔓きり
朝飯前の仕事は体が温まる仕事で、と言う八尋さんの配慮、だが朝は体が動かない…
何とか乗り切って、朝ごはん

その後は、ニンニクを植えて、芽吹いた畑の草取り
ニンニクはまばらに植えているため、草の勢いが強い
雨も強くなってきたので、一畝いかずに終了

午後は雨の中、夏野菜の撤去となった
見た感じまだ収穫出来そうだが、もう次の作目の事を考慮すると撤去する時期であると言う
茄子・ピーマン・シシトウを撤去
今日はピーマンとシシトウを完全に撤去
茄子はまた明日以降となった
撤去と言えども時間が掛かるものである
今日は雨でやる作業がなかったから撤去作業となった

天候によって、やれる作業をみつけてやっていかないとタイミングを逸する
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2012年10月3日(木)

今朝は収穫もせずに、キュウリ、ゴーヤを育てているネットを解体することに
まずは骨組みや支柱に絡めた紐を解く
用途によって長さや素材が異なる紐があるが、全て端からやっていく
あとでまとめて選るつもりで
その後は、緑の支柱を抜く
野菜を誘引するための支柱
抜いて25本の束にして就農するのだが、ざっと200本以上あった
1本で300円くらいするらしいので、これだけで6万円
10年くらいは使用可能との事であるが、最初に資金が必要な事が再認識される

解体の仕事は支柱を片付けて終了

朝ごはんのあとは、夕方の休憩の前まで“人参の間引き”
約5時間…
手間暇かけた人参はさぞ美味しいだろう
ちなみに、間引いた中に鉛筆より一回り大きいくらいの人参があり、石橋さんと食べてみた
本当に甘くて美味しかった
間引き菜が大量に収穫できたが、八尋家ではもう要らないとのこと
大きな袋2つ分、頂いた
有精卵でとじて、明日のお昼ご飯にしよう
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2012年8月23日(木)

今朝はくもり、ちょっと涼しい朝
堆肥舎の3号線沿い、紫蘇の撤去から

紫蘇の茎は2㎝程に成長している
刃の長い剪定ばさみの根元で、紫蘇の根元を切る
刃の先では力が加わらず、切れない

切った後は、草取り及びしっかりとした根を掘りながら撤去
3人で30分ほどかけて撤去した後、安倍ちゃんが一言
「根っこは抜かんでもよかよ。」
「…」
けっこう骨の折れる作業であったため、閉口…
地下茎を放っておいたら、またにょきにょきと生えてくる生命力の強い野菜以外は、根元から切れば根っこは枯れるそうな
また、勉強になりました

午後ははじめての店番
八尋家水入らずのプチ日帰り温泉旅行で、皆さん出払ってしまったため
農作業しなくてよいので、体は楽
お客さんとのふれあいも何だか嬉しい
営業畑の自分にとっては、この仕事も農業に欠かせない要素だと再認識

雨が降ったり止んだりしていたが、草取りの後は、八尋さん光輝さん石橋さんと秋採り胡瓜の定植準備
インゲンを撤去した畝に50cmほどの間隔で穴を掘り、鶏糞&もみ殻の基肥を入れる
鶏のベッドと言うか絨毯と言うか、鶏舎に敷いてあったもみ殻は、ふかふかしていた
そう匂わなかったし

雨が激しくなって、今日の作業はこれまで
八尋さんも書類書き等で忙しく、5:30に終了

夜の時間を使って、むすび庵HPの「研修生の声」欄のコメント&写真を八尋さんに送信した
ごまの花をバックに、素敵な写真が撮れたので、よかった
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム