FC2ブログ
05 月<< 2020年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
2013年9月22日(日)

22℃/30℃ 晴時々曇

今日は“むすび庵17周年”
9時集合のため、早朝しか農作業ができない
7時前にはタンクを水を入れ始めた
ちなみにハンズマンにバルブを交換しに行って、正解だった
バルブとジョーロがちゃんとしているだけで、水やりの効率が全然違う
これで水の心配が要らなくなって、ひと安心

さて、2時間内に昨日までに立てていた畝に種を播く

三陸つぼみ菜:3条30cm点播き 約6m
かつを菜  :3条20㎝点播き 約6m
紅苔菜   :3条30cm点播き 約6m
この3種類で1畝使った
当初は2条で1種類半畝使うつもりだったが、畝が広いので3条にして、畝を節約

中生水菜  :4条5㎝筋蒔き 1畝
間引きをしながら、10cmくらいの間隔に育て、最終的には30cmくらいの大株で収穫していきたい

何とかキャベツ等の苗まで水やりができ、朝倉街道にトンボ返り
今日は午後から雨が降るらしいが、外れる事も往々にしてあるので、しっかり水をかけてきた

数日水をかけていたみやま小かぶの芽が出てきた
カラカラで肥料があるかどうか分からない土地だが、あれだけ草が生えていたので、野菜も育つだろうと信じて水をかけて良かった
これから虫がつくかどうかが問題だ
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2013年9月4日(水)

22℃/26℃ 雨のち晴

今日は朝方こそ引き続きの雨だったが、昼前から雨が上がり、晴れ間が
久しぶりに外に洗濯物を干してから、畑に向かった

長雨の前に立てていた畝もさほど壊れていない
小さい草が生えてきているので、レーキでほぐして、畝の草を一掃してから種を播く

黒田五寸人参        3,200粒 → 先週播いた人参の横の畝に播種 2袋で1畝播けず
極早生玉葱 トップゴールド305 3.7ml → 上記の畝の空いた箇所に4条筋蒔きで播種
美味タス(サラダ菜)     1,200粒 →      同上    5㎝間隔 2~3粒播きで播種

17時頃に朝日生命の担当者が訪れ、空芯菜等を収穫
空芯菜を満タン2袋とオクラ20本くらい、唐辛子を10本くらい収穫し、500円を頂いた
1,000円払おうとされたが、お金をもらうのはまだ先と主張し、折衷案で500円
初めて自分の野菜で代金を頂いたお客さんとなった
2ヶ月後にはたくさんの人に野菜を配れるように頑張ろう

明日から雨模様が一掃、秋晴れが続くらしい
草とりを急ぎ、播種のペースを上げていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2013年3月6日(水)

今日も朝は寒かった
ぶどうやまの人参を端からスコップで掘り起こして収穫&撤去
まだ置いておいて、おいおい収穫したいのはやまやまだが、次の野菜の準備もあるために撤去することに
今日は半分終わらせたので、もう一回この作業をやって、今年の人参は終わり

その後は、野菜の種蒔き
野菜田の7畝のうち、3畝は人参
1畝を葱、1畝を法蓮草(古種)、もう1畝の半分を人参を播いた
昨日播種した人参には、地温を少しでも上げるようにと、ベタ掛け資材をかけた

オオテギのじゃが芋の隣に空いた2畝のうち、1畝の半分に小松菜を播種
覆土して、鶏糞を降る

最後の大仕事は、鶏糞の搬出
鶏舎に敷き詰めている籾殻もろとも鶏糞を米糠袋に入れて、運び出す
4、50袋がとれた
これをオオテギの大豆跡にまいて、里芋と葉野菜を育てるらしい
この鶏糞の搬出、思った以上に重労働
今日はまだ気温が高くなかったが、夏場は大変だ…
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2013年3月5日(火)

人参播種の合間に、浸種していた種を播種することに
育苗ハウス(踏み込み温床)の準備は整っている
地温は30℃くらい
昼間のトンネル内の温度は50℃を超える

セルポットに園芸培土を詰め、ここに浸種していた種を丁寧に一粒ずつ置いていく
覆土、鎮圧をしたセルポットに水を掛け、乾かないように新聞紙をかけ、トンネル内に置いておく
昼間は温度が上がりすぎるため、トンネルを開けておく
夜は地温をみて、適した方の温床に入れ、トンネルを閉め切る
夜の地温が下がってしまうといけない
この辺りの管理が最も気を遣うところ

1週間くらいはこの温度管理につきっきりとなりそうだ
人の子どもと同じで最初は手が要る
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2012年9月20日(木)

今朝は、びっくりするほど寒い朝
温度計は15℃…!
こないだまで熱帯夜だったのを考えると、驚くべき温度差
日中も25℃くらいまでしか気温が上がらないので、農作業がはかどる
と言うか、同じ作業でも全然しんどくない
3ヶ月ほどの期間を頑張れば、こんなに過ごし易い季節が訪れる
四季があるってほんとに素晴らしい

さて、今日は広い畑にてカリフラワーの定植から開始

バロック&スノードレス
3条播き、2畝

防鳥ネットが切れたので、支柱に紐をかけて、簡易的な鳥除けを作った

その後は、ぶどうやまにて、いろいろ秋冬野菜の播種

江都青長(大根) シーダーテープ 20m×2条
フォーカス(玉ねぎ) 太・筋蒔き 5m×4条
博多かつを菜 20cm間隔・筋蒔き 15m×4条
味美菜     シーダーテープ 20m×2条
青帝チンゲン菜 シーダーテープ 20m×2条

人参の発芽率が悪くて、何度も播き直しをしているので、他の野菜はすくすく育ってほしい

休憩では、先日掘ったさつまいもと黒ゴマを使った「大学いも」を頂いた
なにもかも無農薬の採れたて
八尋さんのところでは、何も無理したり、ひねったりせずに、こんなに旨いものが採れる
なぜ、他の農家においては、変な作り方をせざるを得ないのか…
知る必要がないのかも知れない

休憩明けは、堆肥舎のカボチャ跡を耕起&畝立て
トラクター&管理機&平鍬を使って、夕暮れ前の小一時間で、5畝が綺麗に出来上がった
文明の利器とは凄いものだ
人力では到底無理な作業量
必要なものとそうでないものの線引き
ポリシーを持って臨めば、そう難しくはないはず
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム