FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
2013年9月29日(日)

20℃/28℃ 曇ときどき雨

午後から雨の予報なので、今日こそは朝早くから始動
夜のうちに雨が降っていたようで、畑も湿っている
今日は水やりの必要がなさそうだから、他の作業をどんどんやろう

まずは大根の間引き
最後に播いた秋づまり大根を間引く
時期が遅かったこともあり、一番生育具合が良いようだ
芯食い虫とアオムシ、それにヨトウムシが襲いかかってきてはいるが、株自体は元気だ
草を取りながらの作業なので、けっこう時間がかかる
2時間弱くらいやって半畝
間引き菜ばかり増えてしまうし、同じ作業を続けるのもしんどいので、あとの半畝は明日に持ち越し

八尋さんに頂いたラッキョウと分葱を植える
車庫前にラッキョウを1/3畝、2/3畝に分葱
ラッキョウは2条千鳥植えで15株程度
分葱は沢山あったので、ネギと同様に3条15㎝間隔で沢山植えた
これで車庫前の4畝はニラを残すのみとなった
どこかで調達しないと

その後は、畑が良い湿り加減なので、ブロッコリーを移植
500個くらい種を播いたが、虫に食べられたり、生育が悪かったりして、かなり少ない
良い苗から使って2畝植えることに
2条40~50cmで1畝に80株程度植える
苗の状態は万全ではないが、何とか2畝に植えられた

この調子で暑さで焼けてしまい活着が悪い白菜の苗を植え直す
残しておいた苗床の白菜の苗はかなり良い状態
良い苗から使ったが、かなり余った
余った苗は根を切って今晩の食卓に

今日も枝豆を1株分取って帰宅

明日は曇から雨の予報に変わっていた
水やりの心配はないので、大根の間引き・人参の間引き・キャベツの播種をこなしたい
日照りを乗り越えて、良い感じになってきた
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
2013年9月26日(木)

20℃/26℃ 晴

ぐっと涼しくなった
今日も頭が痛く、ちょっと調子が悪かったので、遅くに出掛けた
9時台になってもまだ涼しい
午後になって、ちょっと汗ばむくらいになったが、疲労感はない

まずは、2畝の畝立て
畦際は草が多くて畝溝を切るのが大変だが、何とか昼前に完了
下の段の畑の半分の畝立てを終了したことに
あと13畝分が残っているが、ひとまずここまで来たかと言う感じ
昨日浸水して芽だししていた日本ほうれん草を播いて、午前中の仕事は終わり

午後からはカラカラの畑に水やりをしつつ、大きくなった白菜の移植を敢行
2畝に移植、2条40~50cm間隔の千鳥植え
一畝に40株×2=80株、2畝なので160株を移植
雨が降らずに畝がカラカラなので、三角ホーで穴を掘ったところに水を十分にかける
そこに選抜した苗を根っこがなるべく深く入るようにして、入れ込み、土を寄せる
さらにたっぷりの水をかけて、活着を祈る
その後はタンクの水がなくなるまで水をかけまくった

小かぶ、白菜、のらぼう菜の芽が出てきたが、その他の芽がなかなか出ていない
今月は頑張って水やりしよう
来週からはのこりの13畝を整備して、キャベツ・ブロッコリーの移植に備えないと
  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
2013年9月19日(木)

24℃/32℃ 晴

今朝は腹痛で起きた
下痢が続き、最悪の体調のため、昼まで休んだ
朝は寒かったが、昼は夏の様な暑さ

しかし、香附子の耕耘と種播きを休むわけにはいかず、昼から始動
30℃以上の暑さのため、気が進まないが、一刻も早くやらないといけない香附子の耕耘から
一通り鋤いたあとは、昨日耕耘をした2畝の畝立てと更に2畝分の耕耘
こうやって取り敢えずは半分の畝に種を播いていく
北側の香附子は手で少しずつ取っていこう、ノルマは1日1畝

2畝に結球白菜を播種
3条、30cmの間隔で2,3粒播いていく
一畝で約60点×3条、2畝で360点ほど播いた
昨日播種した小かぶ、玉ねぎにも水をかけて、今日の作業は終了

明日からも雨が降らず、暑い予報だが、雨が降る前に出来るだけ畝を立てなければならないのも確か
地道にやっていくしかない
  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム