FC2ブログ
03 月<< 2013年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
2013年4月27日(土)

今日は午前中、アサノ自動車に軽トラ購入の最終打合せ
ホンダのアクティトラックに決定した
値段は高いが、10年以上大事に使う事を前提に、贅沢な買い物
青年就農給付金が一気に吹っ飛ぶ購入金額
恐いくらいの出費だが、必要経費と思って、前向きに行こう

午後からしげと美沙と永吉へ
JAさが さが東部支部営農生活センター が最寄りの農協
ここで里芋を3㌔と生姜500gを購入

里芋の畝は、通常の畝の1.5本分使って180㎝の畝をつくる
上の段の手前、西の方から15m*1.8mの畝を2本作り、定植準備
少し高畝にして、レーキで枯草を取って、50cm間隔で定植
しげのサポートのおかげで、作業が速く終わった

これからは草取りと土寄せ、ときに肥料を与えるのだろうが、そのタイミングは不明
定植前の元肥はやらなかった
この畑の地力の程が分からないため
八尋さんの畑の里芋をしっかり眺めておきたい

生姜は次回に植えたいと思う
50gくらいの欠片にして、植えるらしいが、定植方法を八尋さんに伺って、水曜に植えようと思う

大方片付いたので、下の段に緑肥を播いた
八尋さんに譲って頂いたセスバニア
1kgを南側の1/3くらいに全部播いた
これで、北からネマクリーン・ファーストソルゴー・セスバニアと播き終わった
夏の終わりまでこれらを生やし、秋冬野菜に備える事とした
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 里芋
2013年4月23日(火)

明日は雨の予報

午後から永吉に行く事に
上の段の畑のサイズをしっかりと採寸

15.6m*31m(長めの13畝)と3.6m*10.5m(短めの3畝)

長めの13畝の作付計画は明日以降検討する
今日は、短い3畝を整地した
三角ホー、三つ又、レーキを駆使して、綺麗に整地できた
一番奥には、アピオスを定植済
今日は真ん中の畝に、せり科を播種

人参は、長崎の有機農研大会の種苗交換会で頂いた黒田五寸
パクチーは、川辺農園提供分

雨が降りそうで降らない、播種には最高の天気だった
今夜からの雨で、しっかりと発芽準備が整う事を祈る
2013年4月23日(火)

今朝は、かつを菜の撤去から
2mくらいに伸びて薹立ちしているかつを菜
鎌で20cmくらいに裁断しながら、根元は地際で刈る
12月から収穫を始めたかつを菜
こないだまで販売していた
比較的息の長い野菜である

その後、広い畑にピーマンの定植
ズッキーニの隣の2畝に定植

キャベツの跡の畝に、鶏糞を振り、約2週間
定植の邪魔になる大きい草を取る
三つ又で、70㎝間隔に定植穴を開ける
しっかりと土をほぐしておく
不耕起の土はとても柔らかい
70cmの間隔を決めるときは、竹でも木の枝でも良いので、印をつけたもので測っていく
ピーマンの苗は、直前に水にしっかりと浸けたもの
少しだけ盛り上がる程度の浅植えにする

レッドホルン  40
イエローホルン 40
ししとう     9
こどもピーマン 10

本来はGW近辺に定植することが望ましいとのこと
霜のリスクと寒い風に当たって弱ってしまわないように
ただし、他の作業との兼ね合いもあり、4月中に定植

かぼちゃの一部は、3日ほど前の寒風で黄色くなってしまった

適期作業が大事である
2013年4月22日(月)

今日は午後からお休みをもらって、軽トラの試乗をしにアサノ自動車へ

スズキ:安い、狭い、馬力なし
ダイハツ:ちょっと安い、狭くはない、馬力は問題なし
ホンダ:高い、広い、馬力十分

スズキは長い目で考えたら、却下
ダイハツとホンダは15~20万円の値差
しかし、10年乗ると考えれば、その根差は大したものではないように思う
ホンダの軽トラに内定
今乗っている自家用が来月中旬までしか車検がない
軽トラの納期は1ヶ月程度なので、早めに発注しないといけない

その帰りに、永吉へ

広い畑の奥の畦際に、“からいね大根”を72か所播種、2粒の点播き、15cm間隔
その手前に、10m*1mの畝をこさえ、アピオスを40個定植
枯れた草が多くて、まとまりが悪かったが、綺麗に畝を立てる事ができた
軽く鎮圧して、風呂釜に溜まった雨水をかけ、本日の作業は終了

アピオス、適当に定植したが、大丈夫だろうか…
2013年4月20日(土)

今朝は午後から中川さんにトラクターをお借りして、初めて耕起することに
上の段は640㎡、下の段は681㎡
どちらも長い畝が9本前後出来た
上の段には早速野菜を植え付けるため、2回耕起
下の段は、緑肥を播いて、秋冬野菜に備えるので、1かい耕起とした

上の段の奥の畦際に辛み大根を播種、美沙にやってもらうが、降雨のため、10ヶ所程度となった

最後の1時間は雨に降られての耕起
思いがけず春の冷たい雨
風邪を引きそうになるが、あとの予定も詰まっており、急いで帰宅

美沙告別式、琥珀にてお祝い返しを購入

喧嘩も沢山して、非常に疲労がたまった一日となった

しかし、耕起が出来た事は、大収穫
来週から作付計画を基に、畝を立て、緑肥を播き、畑を作っていく
いよいよ動き出した感、気を引き締めていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 耕起
2013年4月18日(木)

4週間休んだ備農録
今日から再開

かぼちゃは播種から1ヶ月で、定植のタイミングとなった
発芽してからの生長たるや、素晴らしいものがある

ヘアリーベッチをはやしていた広い畑の下段
ハンマーモアで筋状にこれを刈り、ここにかぼちゃの苗を定植
株間は1m50cmくらい
定植前に鶏糞を表層施肥
もしも雨で土がべちゃっとしている場合は、床土等のふわっとした土で苗を覆うように定植すること
そうしないと、乾いてがちがちになってしまう

刈り取っていないヘアリーベッチは、苗の風除けとなり、やがて刈り取られて肥料となり、敷き藁の役目も果たす
一石三鳥の緑肥、不耕起草生栽培には欠かせない
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム