FC2ブログ
 
2013年9月30日(月)

20℃/26℃ 曇ときどき雨

朝から雨が降っている
久しぶりのまとまった雨
降水量はさほど多くないが、空が曇っているため、土はしっかりと湿った状態
チンゲンサイや小松菜も発芽してきた
昨日移植したブロッコリーもそんなにしおれていない
明日頃にはしっかり活着してくれるのではないか

蕪から菜花辺りまでに生えてきている香附子を1時間くらい取ったあとは、人参の間引き
雨が降って草も取り易く、絶好の間引き日和
15m、2畝足らずの人参だが、4時間くらいかかった
先発で播いていた1畝は発芽も良く揃ったが、厚播きのため、間引きしにくい
1週間後くらいに播いた畝はたまに間引けばよいくらいで、凄く手間が省けた
人参は発芽は命なので、あまりの薄播きは危険だが、独りでやっているとこういうところの手間を省きたくなる
来年は薄播きと3段階くらいの時期ずらし播きでやってみよう

間引き菜が大量に出た
この美味しさが分かる人が居るか分からないが、また職場に持って行ってもらおう
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 人参
2013年9月29日(日)

20℃/28℃ 曇ときどき雨

午後から雨の予報なので、今日こそは朝早くから始動
夜のうちに雨が降っていたようで、畑も湿っている
今日は水やりの必要がなさそうだから、他の作業をどんどんやろう

まずは大根の間引き
最後に播いた秋づまり大根を間引く
時期が遅かったこともあり、一番生育具合が良いようだ
芯食い虫とアオムシ、それにヨトウムシが襲いかかってきてはいるが、株自体は元気だ
草を取りながらの作業なので、けっこう時間がかかる
2時間弱くらいやって半畝
間引き菜ばかり増えてしまうし、同じ作業を続けるのもしんどいので、あとの半畝は明日に持ち越し

八尋さんに頂いたラッキョウと分葱を植える
車庫前にラッキョウを1/3畝、2/3畝に分葱
ラッキョウは2条千鳥植えで15株程度
分葱は沢山あったので、ネギと同様に3条15㎝間隔で沢山植えた
これで車庫前の4畝はニラを残すのみとなった
どこかで調達しないと

その後は、畑が良い湿り加減なので、ブロッコリーを移植
500個くらい種を播いたが、虫に食べられたり、生育が悪かったりして、かなり少ない
良い苗から使って2畝植えることに
2条40~50cmで1畝に80株程度植える
苗の状態は万全ではないが、何とか2畝に植えられた

この調子で暑さで焼けてしまい活着が悪い白菜の苗を植え直す
残しておいた苗床の白菜の苗はかなり良い状態
良い苗から使ったが、かなり余った
余った苗は根を切って今晩の食卓に

今日も枝豆を1株分取って帰宅

明日は曇から雨の予報に変わっていた
水やりの心配はないので、大根の間引き・人参の間引き・キャベツの播種をこなしたい
日照りを乗り越えて、良い感じになってきた
  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
2013年9月28日(土)

22℃/30℃ 晴

午前中はさぼり、午後から出動
昼ご飯を久しぶりにコンビニにて
焼き豚ラーメンとメンチカツとおにぎり2個
これで500円の安さだが、罪悪感は否めない
自分で弁当作って食べるのが一番なのは分かっているけど、なかなか時間のやりくりが出来ない

まずは移植した白菜の様子をみる
相変わらずしょぼくれているが、前日の水やりのおかげで芯は死んでいないようだ
なかにはもう手遅れと言う苗もあるが、8割方活着したようでちょっと安心
明後日辺りまでに、移植に失敗した苗を植えたところに新しい苗を移植しよう

その後は大根の間引き
種蒔きが早過ぎて芯食い虫の被害を受けている
八尋さん曰く、暑い年は9月末に種蒔きすると言われているので、播き直しの種を取り寄せて、10月初旬に播いてみよう

下の畑の香附子を取りきっていないエリアの整備に取り掛かる
雨が降らないので土がカラカラになって草が枯れて取り易くなっている
苗を仕立てている野菜を移植するための畝を早く立てないと

夕方は恒例の水やり
玉ねぎの発芽が悪い
レタスはまだ芽が殆どでていないの心配
しっかり水やりを継続するしか手はない

この頃の定番のおつまみ、枝豆を収穫して今日の作業は終了
明日は八尋さんに頂いたラッキョウと分葱を朝から植えて、大きくなってきたキャベツの苗を定植しよう
午後からの雨に期待
  • このエントリーのカテゴリ : 大豆
2013年9月27日(金)

20℃/26℃ 晴

今日も涼しく、心地よい秋晴れ
昨日移植した白菜が軒並みしおれているので、急いで水やり
白菜は根が細くて移植しにくいらしいが、連日の乾燥状態では更に難しい
夕方にも水やりをして、万全の態勢
既に葉に生気がない苗が多く、あしたの様子が気になる

午前中は、里芋のヨトウムシ退治と大根の間引き
里芋に着いたヨトウムシは大小様々、しかし沢山葉を食っている
大根の間引き2/3畝目だが、時間がかかる
中には芯食い虫がいる株もある

八尋さんに大根につく芯食い虫について、対処法を聞いてみた
農薬に頼らない栽培方法としては、9月末以降の播種が望ましい
しかしあまりおそくなっては、年内採りは難しくなる
今回は完璧に時期が早過ぎて、虫の被害にあった
あまり食われている株は、生長に影響が出るだろう
まだ播き直しは出来る状況なので、種を取り寄せてみよう

明日も大根の間引きをすることにする、あと1畝半
人参も間引きが必要な密集具合となってきた
時間があればこれもやろう

大根の種蒔きが早過ぎたとは、やはり失敗しなければ学べないようだ

帰り間際に恒例の水やり
少しずついろいろな野菜が発芽してきた
この調子で早く手が要らないようになって欲しい
香附子取って畝を立てないと…
  • このエントリーのカテゴリ : 大根
2013年9月26日(木)

20℃/26℃ 晴

ぐっと涼しくなった
今日も頭が痛く、ちょっと調子が悪かったので、遅くに出掛けた
9時台になってもまだ涼しい
午後になって、ちょっと汗ばむくらいになったが、疲労感はない

まずは、2畝の畝立て
畦際は草が多くて畝溝を切るのが大変だが、何とか昼前に完了
下の段の畑の半分の畝立てを終了したことに
あと13畝分が残っているが、ひとまずここまで来たかと言う感じ
昨日浸水して芽だししていた日本ほうれん草を播いて、午前中の仕事は終わり

午後からはカラカラの畑に水やりをしつつ、大きくなった白菜の移植を敢行
2畝に移植、2条40~50cm間隔の千鳥植え
一畝に40株×2=80株、2畝なので160株を移植
雨が降らずに畝がカラカラなので、三角ホーで穴を掘ったところに水を十分にかける
そこに選抜した苗を根っこがなるべく深く入るようにして、入れ込み、土を寄せる
さらにたっぷりの水をかけて、活着を祈る
その後はタンクの水がなくなるまで水をかけまくった

小かぶ、白菜、のらぼう菜の芽が出てきたが、その他の芽がなかなか出ていない
今月は頑張って水やりしよう
来週からはのこりの13畝を整備して、キャベツ・ブロッコリーの移植に備えないと
  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
2013年9月25日(水)

22℃/30℃ 晴のち曇 時々雨

朝ご飯を食べてから体調悪化
ちょっと体がだるいが午後から雨の予報のため、種蒔きに急ぐ
日曜日に八尋さんから葱の苗をもらっていて、八尋さんの畑に置いたままだったので、拾って向かう

小かぶなどに水やりをしたあと、腹痛に見舞われ、神社で用を足す
しかし、節々が痛く、腰も痛い
昼まで何とか種蒔きをこなした

小松菜:半畝、4条、5㎝間隔にぱらぱら播く
中葉春菊:半畝、4条、筋蒔き
チンゲンサイ:半畝、4条、5㎝間隔にぱらぱら播く、最終的に10cmにする
晩成水菜:半畝、3条、5㎝毎に筋蒔き、最終的に株間40cmにする

昼飯も食う元気がないので、横になりたくて永世神社で仮眠
2時頃から動き出す

八尋さんのネギを植えるため、車庫の奥のスペースの畝を立てる
横幅3m強の部分に4畝作った
最も端の畝に、ネギを移植
3条、15㎝間隔、2・3本ずつ10cmくらいの深さに埋める

菜心等に水やりをして、今日は4時台に帰路に
雨は降ったが、期待外れの雨
明日からも水やりは止められないようだ

明日は白菜の苗が大きくなってきたので、移植をしよう
日本ほうれんそうは、一晩浸水し、芽だしをしてからの播種
明日これも播こう
  • このエントリーのカテゴリ : ネギ
2013年9月24日(火)

22℃/32℃ 晴

まだまだ真夏の暑さ
下の段の半分まであと2畝と言うところまで畝を立てた
香附子が心配だが、あらかた取って、明日は端までの2畝の畝を立てよう

タンクを調達し、水も神社の氏子さんからもらえるようになったので、心置きなく水やり
小かぶに続いて、のらぼう菜、白菜も発芽
このまま順調に育って欲しいと願いつつ、水やり
玉ねぎが発芽しないのが心配なので、2回水やりをしておいた

大根が大きくなってきた
アオムシ、カブラハバチの幼虫が襲来してきたが、こまめにとって何とか8割方の大根が生長している
3粒播きの大根、直径10cm以上になったので、1本立ちさせる
恒例の間引き
間引いた大根の中でも立派なものを移植
虫に食われたりして3本ともしょぼくれた株の跡に
しっかり水をかけたが、活着するだろうか
ちょっと心配だが、活着してくれたら儲けもん

さて、明日は久しぶりの雨らしいので、朝から種蒔きをどんどんしていくことにしよう
ほうれん草、小松菜辺りを播こうかな
  • このエントリーのカテゴリ : 大根
2013年9月23日(月)



日田市前津江にて大口家の稲刈りをお手伝い
坂の上の棚田
うるち4枚、もち1枚
3反強で、8俵/反
よく実っていた
3条刈りのコンバインで、30kgの米袋が2つセットできる
籾が溜まったらブザーが鳴って、米袋に籾を詰めて、2袋下ろしてまた刈りだす
乾燥は集団でやるらしい
除草は農薬を使っているらしい
老いたお母さんとお父さんが主力なので、農薬を使うのは仕方がないかな
こんな山奥で作っているお米は美味しいはず
そして、こんな風景が残る稲刈りはずっと続いて欲しい
みんなもっとご飯食べないと
  • このエントリーのカテゴリ : 稲作
2013年9月22日(日)

22℃/30℃ 晴時々曇

今日は“むすび庵17周年”
9時集合のため、早朝しか農作業ができない
7時前にはタンクを水を入れ始めた
ちなみにハンズマンにバルブを交換しに行って、正解だった
バルブとジョーロがちゃんとしているだけで、水やりの効率が全然違う
これで水の心配が要らなくなって、ひと安心

さて、2時間内に昨日までに立てていた畝に種を播く

三陸つぼみ菜:3条30cm点播き 約6m
かつを菜  :3条20㎝点播き 約6m
紅苔菜   :3条30cm点播き 約6m
この3種類で1畝使った
当初は2条で1種類半畝使うつもりだったが、畝が広いので3条にして、畝を節約

中生水菜  :4条5㎝筋蒔き 1畝
間引きをしながら、10cmくらいの間隔に育て、最終的には30cmくらいの大株で収穫していきたい

何とかキャベツ等の苗まで水やりができ、朝倉街道にトンボ返り
今日は午後から雨が降るらしいが、外れる事も往々にしてあるので、しっかり水をかけてきた

数日水をかけていたみやま小かぶの芽が出てきた
カラカラで肥料があるかどうか分からない土地だが、あれだけ草が生えていたので、野菜も育つだろうと信じて水をかけて良かった
これから虫がつくかどうかが問題だ
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2013年9月21日(土)

24℃/32℃ 晴

今日も暑い
朝晩もそれほど涼しくない
今朝はHANDSMANでローリータンクを購入
300Lが8,950円
500Lは11,500円
そう変わらない値段だが、一人で作業する事が多いし、広大な畑ではないのでコンパクトな300Lにした
これに加えてドレンにバルブを取り付けなければならない
25口径のものを買って取り付けてみると、バルブの取っ手がタンクに当たって、全開にできない
とんだ失敗
今日の水やりは半開きのバルブで我慢したが、早速夕方に返品交換に
道具は値段だけではなく、使い勝手と効率が大事だと身に沁みた

今日も2畝を綺麗に立て、2畝分の耕耘
種を持ってくるのを忘れていたのと、時間もなかったので、種蒔きの代わりに水やり
全体に水やりをして、枝豆を1株採って帰った

明日は17周年
9時集合らしいので、2時間ほど作業して戻ってこよう
ちゃんと早起きしないと
午後から雨マークになっていたので、2畝分の種蒔きをして戻ってきたいところ
  • このエントリーのカテゴリ : 育苗
2013年9月20日(金)

24℃/32℃ 晴

今日も暑い
朝からちょっと汗ばむくらい
今日もいつもの通りのノルマをこなそうと思っていたが、皮膚科に行かなければならず、作業は半分強しかできなかった

のらぼう菜:玉ねぎの畝の残り5m位のところに播種
      5㎝間隔に10×25=250点の点播き、2粒ずつ

こぶ高菜:同上
     こちらも5㎝間隔、10×23=230点の点播き、2粒ずつ

美味タス(半結球レタス):玉ねぎの畝の隣に播種
            3条、20~25cm間隔、約3粒ずつの点播き
            種子が軽く、好光性なので、薄く土をかけて水やり

種蒔きが終わって、2畝分の畝を立てた
枯れ草が多いのと、乾燥して土がゴロゴロしているので、畝が綺麗にならないが何とか立てる

少し涼しくなってきたところで、鋤いた部分の香附子をかき取ってみた
土が乾燥していて取りやすいことは取りやすいが、相変わらず数が多いので時間がかかる
これは10月までに終わるだろうかと言う感じになってきた
玉ねぎなんかの苗がしっかり大きくなるまでに何とかすれば良いと言う事で、地道に行こう

最後に水やり
だいたいの畝にかけると、風呂釜に溜まっている水も少なくなってきた
心許なくなってきたので何とかしなければと言う事で、意を決して永世神社の軒田さんに水を分けて頂けないか聞いてみた
快く分けてくれるとのこと、助かった
明日、HANDSMANかどこかで300L以上のタンクを買ってこよう、蛇口付きのやつ
2013年9月19日(木)

24℃/32℃ 晴

今朝は腹痛で起きた
下痢が続き、最悪の体調のため、昼まで休んだ
朝は寒かったが、昼は夏の様な暑さ

しかし、香附子の耕耘と種播きを休むわけにはいかず、昼から始動
30℃以上の暑さのため、気が進まないが、一刻も早くやらないといけない香附子の耕耘から
一通り鋤いたあとは、昨日耕耘をした2畝の畝立てと更に2畝分の耕耘
こうやって取り敢えずは半分の畝に種を播いていく
北側の香附子は手で少しずつ取っていこう、ノルマは1日1畝

2畝に結球白菜を播種
3条、30cmの間隔で2,3粒播いていく
一畝で約60点×3条、2畝で360点ほど播いた
昨日播種した小かぶ、玉ねぎにも水をかけて、今日の作業は終了

明日からも雨が降らず、暑い予報だが、雨が降る前に出来るだけ畝を立てなければならないのも確か
地道にやっていくしかない
  • このエントリーのカテゴリ : 白菜
2013年9月18日(水)

24℃/30℃ 晴

今日もカラッとした秋晴れだが、昼間は暑い

そんななか、秋の種蒔きの準備に取り掛かる
スコップで西側の溝を掘り、掘り上げた土を畑の低い部分に運ぶ
その後は、昨日耕耘していた4畝分の畝立てをして、畝を作った

人参等の水やりのあとに、下の畑に最初に植えたのは“みやま小かぶ”
20ml、5,000粒も入っていたので、18mの畝に4条で贅沢に筋蒔き
それでもちょっと種が余った
レーキで土をかけ、ジョウロで水をかけておいた

その隣には上の畑で失敗した玉ねぎを播種することにした
上の段の種は発芽はしたが、このところの晴天続きで、元気がない
本を見ると、「生育初期は乾燥を嫌うため、稲わら等を掛けて乾燥を防ぐこと」とある
稲わらはないので、籾殻で代用し、ジョウロで水をかけておいた

小かぶも玉葱も鎮圧をしていないが大丈夫だろうか
水をかける事で土と密着するのではないかと思って省いたが、結果は来週でるだろう

その後は、香附子を取り遂せなかった北側半分を耕耘機をかけて枯らすことにした
時間が掛かっても香附子を取りたいところだったが、塊茎の生長に加えて、地上部に種をつけ始めてきたので、未熟なうちに耕耘することに
未熟、であれば良いのだが…
既に発芽可能な種であったら、来年はまた大変なことになりそうだ

明日から水やり・耕耘・畝立て・種蒔き・香附子取りを並行に行わないといけない
腰は痛いが、計画的に頑張っていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 玉ねぎ
2013年9月17日(火)

20℃/30℃ 晴

今日はすごく涼しい朝
寒いくらいの空気に、素晴らしい秋晴れ
台風一過で雲ひとつない

原さん家を出発し、8時台の3号線は渋滞
9時前に畑に着いて、今日も香附子取りを開始
昼前に畑の採寸をし直し、棒を立ててお昼に

半分まで香附子取りを終えて、耕耘機で耕す事に
全てを耕すと種蒔きが追いつかずにまた草が生えてくる
それを考慮し、4畝だけ畝を立てる準備
耕耘機の中心が畝溝となるように畝溝をまたいで耕耘する

車庫の前も耕し、平鍬と角スコでしっかりと深い溝を掘り
奥が高いので、土を移動し、レーキでざっと均して今日は終了

明日から種蒔きを本格化する
残り半分の香附子は、種が出来始めているので、粗鋤きをして後日ちょっとずつ取る事にした
もう種蒔きを遅らせられない
2013年9月16日(月)

24℃/30℃ 晴

今朝も秋晴れ
雨が降らないので、畑もカラカラ
里芋もヨトウムシに食われている
毎年こんな風にヨトウムシが出るのか、暑い今年だけなのか

人参、キャベツ苗等、大根の畝の除草、中耕
午前中いっぱいかけて終えた
香附子取りも小一時間やって、今日は14時で仕事終了

それからコノミ畜産で馬刺しを買って、原さん宅へ
原さんの38歳の誕生日
昼ご飯は初めてのベントハウス
肉肉しいお弁当が500円台
どこの肉か、どこのお米か、考えると何だか恐ろしい
世間ではこの値段で弁当が食べられる事をただ単純に喜んでいるのだろうが、喜んでばかりいられないことが何かあるはず
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月15日(日)

24℃/30℃ 曇

今日は関東に台風が近づいている影響か、強風
雲も多く、草取りには良い日和だった
香附子取りもぼちぼち進んで、もうちょっとで半分が終わる
香附子は塊茎だけでなく、地上部につけた種でも増えるらしい
この頃取っている個所には、生長して種をつけたものがある
これが飛散すれば来年もっと増えていたのだろう
頑張って取らないと

人参の畝の草が生えてきたので、夕方の小一時間はここを除草
畝の半分をやってみたが、まずまずの発芽
何故か道沿いの数メートルは発芽が非常に悪い
とにかくもう播種の時期は過ぎたので、草をしっかり取ってあげるしかない
明日は大根の方まで草取りをし、少し水やりをしよう
  • このエントリーのカテゴリ : 人参
2013年9月14日(土)

26℃/33℃ 晴

期待外れの快晴
しかも夏に逆戻りの暑さ
美沙の健診に行った後、香附子取りを継続
もう少しで半分終わるところまで進んだ
明日からも雨が降らないらしいので、草取りを進めて、半分済んだところで、種蒔きを開始しよう

ちなみに我が子は4cmに成長していた
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月13日(金)

26℃/33℃ 晴

昨日からの熱気が抜けず、熱い朝
車庫にしまっておいたじゃが芋が少し腐っている
慌てて日光に当てたが、もしかすると芽が出ないかも知れない
その種イモを昨日作った4畝に植え、あとはずっと香附子取り
半分まであと2日くらいかなぁと言うところでタイムアップ
明日は雨の予報だったが、今日の天気予報では明日からもずっと晴に変わっていた
明日は野菜の苗に少し水をやって、香附子取りの続きをやるとしよう
2013年9月12日(木)

23℃/33℃ 晴

今日も香附子取りから始めたが、秋じゃがの畝立てを忘れていた
上の畑の残り3m×15mの部分に畝をつくる
種芋を切って小さくしたので、畝も細めに作る、4畝作る事に

耕耘機で粗く耕したあと、田原家の耕耘機兼管理機を試してみた
これが、全然パワーがなくて進まない
しかも溝が浅くて広い
あえなく車庫にお引き取り願い、平鍬で畝立て
ここ最近の中では強い陽射し、暑い
汗だくになって、やっとこさ4畝立てて、明日の定植に備える事ができた

お昼は、小郡市役所横のとん亭にトンカツを食べに
580円のサービス定食+ライス大盛120円、しめて700円
美味しかったが、高いお金を払って揚げ物を食べるのにちょっとだけ違和感が
家で買ってきた肉を調理して、たらふく食べた方がやっぱり良い
景気回復にまったく役に立たない農民である…

午後からは、相変わらずの香附子取り

明日と明後日で下の畑の半分の香附子を取りきりたいところだが、雨が降りそうな予報
さぁどうなることやら
とにかく秋じゃがを植えよう
2013年9月11日(水)

25℃/32℃ 晴

1ヶ月くらい前から湿疹が体に広がってきている
手の甲から始まった湿疹が、今や顔以外の全体に広がってきた
体温が上がったり、汗をかいたり、蚊に食われたりすると、湿疹が浮き上がってくる
あまりに気持ち悪い感じになってきたので、今日は皮膚科へ
じゃが芋を切った後、9時に皮膚科に行くと、病院内は既に満タン
1時間待ち
農作業して汗をかいてはいけないと思い、ファミレスの屋根つきの駐車場で読書
藤田田の「ユダヤの商法」
日本マクドナルドの創業社長藤田死のビジネス本
ユダヤ人はいかにして儲けてきたか、藤田氏がユダヤ商法でいかにして儲けてきたか
金を儲けることばかりを考えて、何か大事なものに目をつぶってきたのでは?
疑問が残る本だった

昼前からいつもの香附子取りを開始
3日後から雨の予報なので、明日はじゃが芋の畝を立て、明後日の朝植えよう
天気が不安定なので、明後日までに立てられる畝は立てていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月10日(火)

23℃/31℃ 晴

今日も香附子取り
午前中は車庫の奥の角っこのスペースまで終わらせることができた
暑くなってきたので、じゃが芋を購入しにドライブ

出島    3㎏  20個強
ニシユタカ 3㎏  40個弱

全部で60個
畝幅60㎝×4畝(15m)、株間30㎝で栽培予定
これだと種芋が200個も要る計算になってしまう

畝幅80㎝×3畝(15m)、株間40cmに変更
こうすると、100個強の種芋が必要になる
大きいものを切って、120個くらいにしてみよう
秋じゃがは切らない、と書いてある本やネットの記事が多いが、うまく乾燥させれば良いはず
週末まで雨は降らないので、明日種芋を切って、木曜か金曜に定植するとしよう
どうか腐りませんように、400円/㎏の種イモ君達
2013年9月9日(月)

23℃/30℃ 曇のち晴

朝は昨日やり残した草刈り
刃を正常に取り付けたら、刈りやすいこと…
やっぱり失敗しないとわかんない事は多い

小一時間で終えて、すぐに香附子取りに
今日は端の方の茂りまくっている箇所に着手
どんどん進むかと思いきや、根が繁茂しているだけでなく、更に一段深いところに根茎が及んでいて時間がかかる
なかなか進まないが致し方なし

今週末は雨らしいので、明日あたりはじゃが芋を定植する準備も進めないと
いよいよおいたくられてきた
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月8日(日)

24℃/30℃ 曇のち晴

ちょっと遅くなったけど、9時過ぎから神社の方にお願いされた草刈りをすることに
刈刃も替え、万全の態勢で臨んだが、草が茂りすぎていて、うまいように刈り進めない
2時間ほど頑張ったところで、半分強終わり、しんどいけど最後までやろうと水分補給をしてからまた刈り始める
しかし、8割方いったところで、もう限界
合羽を着た下半身からは汗が噴き出し、長靴に汗が溜まっていた
もう少しのところだったが、明日の朝やることにした
今日は妻も自宅に居るので、午後からゆっくり休む事にした

週間天気予報も雨がちから、晴天に変わるように変わった
さて、明日からも頑張って香附子取りだ
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月7日(土)

20℃/28℃

今日も朝から香附子取り
お弁当を持参してガンガン取っていく
昼過ぎから小雨
畑の半分まであと丸一日あればとれるところまで来た
2時くらいに本降りになり、原さんに渡す野菜の収穫をして、帰宅

この雨で種蒔きが少し遅れるが、香附子取りと並行していかざるを得ないので、致し方なし

夜はTL観戦

コカコーラVS東芝
九州電力VS神戸製鋼

九電は外国人を沢山入れていないし、網走合宿も行っていないらしいが、かなり善戦していた
原発はもちろん反対
だけど、頑張れヴォルテックス!

〆は、南福岡の「びっくり亭」
どぎつい鉄板焼肉
確かにたまに食べたくなる味と言うのには否定しないが、年に一回で良い…
明日は今日に引き続き雨なので、朝から草刈り
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月6日(金)

22℃/28℃ 晴

今日もからりと涼しい
朝から下の畑の香附子取り
朝から晩まで約8時間くらいやって、8畳分くらい綺麗にできた
生えていないところもあるので、畑全体の1/4くらい

まだまだだが、こつこつやれば終わりそうな気がする

ところで、たまにお昼ご飯を食べに行っている

「まるたま」   普通の久留米ラーメンで美味しい
「麺勝」     品数が多くてランチが580円と安い、がちょっと安すぎて恐い…
「栄洋軒」    小汚い(笑)

美味しい定食屋って無いかなぁと思う今日この頃
さぁ明日も香附子取ろう
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月5日(木)

22℃/28℃ 晴

気持ち良い朝
カラッと空気も乾いて、絶好の農作業日和

まずは、里芋の畝の間やアピオスの辺りの香附子を取って歩く
長雨で土がまだ湿っているので、種蒔きに良い状態
漬物用大根を播く事に

350粒、いつもの3点播き、30cm間隔で56点×2条+間に20ヶ所
種は大体2割増しで入っているようだ

その後は、とうとう下の段の香附子を取る事に
一昨日から雨が上がり、土も所によっては乾いてきた
車庫に近い所からはじめ、半日で出来たのは畳6畳分くらい
1ヶ月かけてきれいに圃場整備することとして、じっくり焦らず、でも歩みを止めずに香附子を取っていこうと思う
この辛抱強い作業が、来年以降の効率に繋がっていく事を信じて

明日も一日頑張ろう
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月4日(水)

22℃/26℃ 雨のち晴

今日は朝方こそ引き続きの雨だったが、昼前から雨が上がり、晴れ間が
久しぶりに外に洗濯物を干してから、畑に向かった

長雨の前に立てていた畝もさほど壊れていない
小さい草が生えてきているので、レーキでほぐして、畝の草を一掃してから種を播く

黒田五寸人参        3,200粒 → 先週播いた人参の横の畝に播種 2袋で1畝播けず
極早生玉葱 トップゴールド305 3.7ml → 上記の畝の空いた箇所に4条筋蒔きで播種
美味タス(サラダ菜)     1,200粒 →      同上    5㎝間隔 2~3粒播きで播種

17時頃に朝日生命の担当者が訪れ、空芯菜等を収穫
空芯菜を満タン2袋とオクラ20本くらい、唐辛子を10本くらい収穫し、500円を頂いた
1,000円払おうとされたが、お金をもらうのはまだ先と主張し、折衷案で500円
初めて自分の野菜で代金を頂いたお客さんとなった
2ヶ月後にはたくさんの人に野菜を配れるように頑張ろう

明日から雨模様が一掃、秋晴れが続くらしい
草とりを急ぎ、播種のペースを上げていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 播種
2013年9月3日(火)

19℃/24℃ 雨

今日も雨
朝から畑に行く気にはならず、WiFiの契約変更のためにSoftbankに
それが難なく終わってから、畑に

相変わらず畑は水浸し
ちょっとひどくなってきたような気がする
大豆はどんどん自重で倒れているが、起こさないことにした
晴れてある程度土が乾いてから立て直す事にする

人参の芽が出てきた
草も出てきたので、大根やブロッコリーのところも一緒に草を取る
香附子を中心に、人参の生長の妨げになる草を抜いた
2日前に取り終え、畑に抜きっぱなしにしていた香附子を畑の外に出し、今日の作業は終了

今日は5時前に帰路に着いたが、20℃を切っていた
久しぶりの肌寒さ
このまま秋に突入していくのだろうか
秋が長く続けば良い

ところで今朝、思い立って、6月20日に漬けておいた梅干しを確認してみた
梅干しの上に余った赤紫蘇を2㎝くらいの厚さで置いておいたのだが、全部真っ黒に黒い黴が生えていた…
赤紫蘇を全部取り除き、焼酎を回しかけ、また蓋をした
改めて、梅干しは難しいと感じた
  • このエントリーのカテゴリ : 
2013年9月2日(月)

20℃/26℃ 曇のち雨

今朝も雨
合羽を着て、上の段の残りの草取りを始めた
午前中に半畝
午後に半畝
やっと上の段の香附子をあらかた取り終えた

この頃の雨で空芯菜が美味くなった
葉巻虫も居なくなり、虫食いが少なくなった
雨が少ないと虫が発生しやすいのが実感できた

大豆は相変わらず倒伏しやすい
台風の接近で、1週間ずっと雨がちらしいので、更に倒れるのではないかと心配

雨が降り続くと畝立て出来ないので、種蒔きも出来ない
明日も下の段の草取りをやりまくるか…
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年9月1日(日)

今日も雨
二日酔いで休み、とした
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム