FC2ブログ
 
2013年10月31日(木)

13℃/24℃ 曇のち晴

昨夜つくったプレオープンのお知らせメール、今日の朝方、知人友人に送信
沢山の方から電話やメールで祝福と激励の声をもらった
なかには発送依頼のメールをくれた友人も
許斐ちゃん、源ちゃんからは11月の注文をもらった
発送の準備をすぐに進めないと
栗木さん、モトコさん、上瀧さん、大きな樹の方々が畑に来てくれて、買って行ってくれた
みんな期待してくれている
継続は農業に欠かせない要素だが、待ってくれている人に継続的に提供することも大事である
どんどん注文が来た時に、もうありません、と言わないで良いように、作業のペースを上げて、種蒔きをしなければ

今日は香附子取りと接客に終始した
明日からも香附子取りを継続し、早く全ての畝を立てたい
時間をかけるしかないので、早起きと弁当持参を続けよう
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 販売
2013年10月30日(水)

13℃/23℃ 晴

早朝の畑には朝露が降り注いでおり、朝日に照らされて美しい
野菜もどんどん大きくなってきていて、なんとも嬉しい光景

朝露のおかげで、土は水分を失わず、しっとりとした良い状態
ただし、香附子を取り終わっていない場所は、草の根の力もあるのか、べちゃべちゃしている
もう少し時間が経ってから、香附子取りに着手することに

数か月溜まった紙ごみを焼く
ここ最近の天気続きで、良く燃える

昨日は、分葱とニンニクの除草中耕を行ったが、今日は長葱
以前生えていた草ではなく、ホトケノザばかりが生えており、土の状況は凄く良い
土が程よくサラサラなので、手で中耕していく
香附子も少なく、良い状態になってきた

10時頃から香附子取りに取りかかり、5時まで
べちゃべちゃして、取りにくい
相当生えていて、なかなか進まない
辛抱辛抱…

夕方は間引き収穫
こかぶ、水菜、小松菜、青梗菜に続き、春菊も間引き収穫の対象に
帰って、お浸しにして食べてみた
おひたしで最も美味しいのは春菊だと思う
ほんとうに美味しくて、早くみなに食べてもらいたい

と言う訳で、明日から注文を受けつけ、野菜の販売を始める事にした
さっき作った注文要領を、明日の朝、知人友人にメール送信する予定
反響はどうだろうか
楽しみなような、怖いような
  • このエントリーのカテゴリ : 春菊
2013年10月29日(火)

13℃/22℃ 晴

今日もいい天気だが、朝露がたっぷり
草取りの前に、克久にいさんへのお土産野菜の収穫

里芋
落花生
水菜
みやまこかぶ
小松菜
青梗菜

青梗菜が初お目見え
小松菜や水菜よりかは疎に播いたが、それでもちょっと混み合っているので、大きくなったものから間引いていく
虫が食ったものは少なく、どれも素晴らしい翡翠色
美しい姿でほれぼれする
まだあまり大きくないので、少しだけだが、この青梗菜も間引き収穫

ノキタさんに草刈終了の報告をすると、5,000円頂いた
いつも4,000円なので、ボーナスよ、と言われ、さらに日本酒まで頂いた

香附子取りに取り掛かったが、土が湿っていて、取りにくい
排水が悪いからだろう
香附子を取り終わったら、しっかり排水対策をしよう

香附子の代わりに、ニンニクと分葱の畝の除草・中耕
ホトケノザが沢山生えてきた
香附子はかなり少なく、草の生え方も理想的になっている
来年はどうか分からないが、無理なことをしなければ大丈夫だろう

午後から佐賀県有機農業塾に参加
あまり収穫はなかったが、“あいちゃん農園”の話は、農業で生計を立てようとする人の一つのモデルにはなるだろう
遠くの誰かに、インターネットを使って、沢山売っていくやり方は生に合わない
地元の方に、定期的に、手間をかけて美味しく食べてもらえるような仕組み作りをしなければいけない

明日こそは香附子をとりまくろう!
  • このエントリーのカテゴリ : 青梗菜
2013年10月28日(月)

13℃/20℃ 晴

朝露が降り注いで、畑は湿っている
野菜も生き生きとしている
草もまだ取りにくそうだ
こんな時は草刈りに限る
ちょうどノキタさんに頼まれている畑の草が伸びてきているので、早速開始

1時間くらい刈り進めていったその時、BMWで道路からこちらを見ている女性が
5分くらい草刈りを続けていたが、まだ居る
何かおかしいと思い草刈りを中断して、その女性に話しかけてみると
何と「大きな樹」の松田さん
朝っぱらから僕を探してくれていたらしい
畑に移動して、自己紹介やら農法のことやらをひとしきり話し、別れた

有機にこだわり、その野菜で食事を提供し、そんな生き方、食事の取り方を教え広める
大変興味深い活動をされている方だった

義母と川越のお母さんが援農に来てくれたので、人参の間引きをお願いして、草刈りの続き
草刈りが終わって、畑に戻ると、親父も様子を見に来ていた
みやまこかぶの間引きをお願いし、その間に、枝豆品種大豆を刈り取って、島立て
ツルムラサキも細断して、秋冬野菜第2弾の播種に備える

親父が帰り、3人で少し遅い昼食をとって、2人は帰宅
そのタイミングで、大きな樹を訪問
無農薬の畑を2反くらい、田んぼが1反くらい、奥には竹林と雑木林
カフェが訪問客を待ち受ける
素晴らしい環境で農業と食事の提供ができる
ほんとうに羨ましい環境
竹、筍は収穫し放題と教えてもらった
農機具も貸してもらえる
息子さんが経営する血の池地獄の隣のレストランへ送る野菜として、野菜も購入してくれるとのこと
車で5分かからないこんな場所にこんな方々が居たとは、本当に驚いた

土地勘、農業経験がない自分にとっては、これから頼れる存在ができて、嬉しかった
共通の知人が多かったことも驚いた

明日は、午後から佐賀県有機農業塾の講義と現地見学会
明日も草取りがあまり出来ないので、早朝からやれることをやろう
  • このエントリーのカテゴリ : その他
2013年10月27日(日)

17℃/22℃ 晴

今日は水天宮に安産祈願
武末家の両親、うちの親父も一緒に祈願
快晴のなか、11時過ぎから七五三や他の安産祈願の方々と祈祷して頂いた

お昼ご飯は津福のペティオニオンにて
レイコさん(直太のお母さん)はお酒をやめて7キロ減らしい
健康的に痩せているらしいけど、ちょっと心配
笠家もどこの家庭もいろいろある

そのあとは、みんなで畑へ
畑の様子を観察
みんな何を思っただろうか
野菜、とりわけ無農薬野菜に価値を見いだせない人は、無農薬の畑をどう感じるか

夕方は、鶴田家御一行様が、来園
さつま芋、落花生、里芋を掘って、楽しんだ
さつま芋は相変わらず細いが、売り物になるサイズもあった
採算を考えるともうちょっと大きくならないとどうしようもない
来年は、さつま芋の場所を考え直す

鶴田さんと入れ替わりで、原さんが来てくれた
年末までに会社に辞める意思を伝え、来年から農業+自営を始めるとのこと
脱サラ、自営が増えると、もっと面白くなると思う
自分が成功しないと元も子もないが、切磋琢磨、楽しんでいこうと思う

明日からまた香附子取りの再開
残り2週間の作業が、ここから半年の結果を決めると言っても過言ではない
計画的に頑張ろう

店の名前を決め、ホームページ・名刺・パンフレット等の作成も進めないと
まだまだ忙しくなる
2013年10月26日(土)

17℃/20℃ 晴

朝は山本家に野菜を宅配
水菜・蕪の葉・小松菜・里芋で700円
かずしも千恵ちゃんも居たので、上がり込んで1時間強話した
妊娠出産のこと、農園の名前のこと、配達の方法のことなどいろいろと
春日市の奥様方は、配達の時間は夕方~夜が良いとのこと
どちらかと言うと、専業主婦かパートで働いている奥さんが多く、朝晩の忙しい時間帯よりも昼のゆっくりした時間が良いらしい
配達の時間は、要検討

昼前から畑に行って、ブロッコリー、カリフラワー、白菜の防除
カリフラワーにはあまり虫はついていない
ブロッコリーには孵化してすぐの小さなアオムシとシャクトリムシが多い
白菜は卵取りをしていないが、葉をもりもり食べて糞をしまくっているアオムシを駆除
全ての野菜がだんだん大きくなってきている
ここ2日の雨で、さらに生育が良くなる事だろう

貞清に小松菜と水菜をプレゼントするために最後の1時間弱は収穫
帰る間際に、黒田さんに紹介してもらった貸家を見に行った
一軒は古すぎて、家主さんが貸す事を辞退
もう一軒は、こちらも古いが、先日売れてしまったらしい
これでまた振り出し
神社の裏の3畝ほどの畑を貸しても良いと黒田さんに言われた
見に行ったが、ちょっとじゅるいので、また乾いてから見に行って判断することにした

夜は定例会
貞清と田原が参加
久しぶりに弁慶で焼鳥
けっこう食べて、一人2,000円
相変わらず安い
ボトルを入れて1年以上経っているので、持ち帰って欲しいと言われた
あと2合くらいある一升瓶を持って帰った
ラーメンは厳しいとの中年二人の要望を聞き入れて、「こなから」に

久しぶりにしっかり食べて飲んだ
明日は安産祈願とオニオンと芋掘り
オフの気分で楽しもう
  • このエントリーのカテゴリ : 防除
2013年10月25日(金)

17℃/19℃ 雨のち曇

今日も雨が降っている
午後から始動することにした

小雨の中、出来る事を
1月前くらいから収穫が鈍っていたオクラの撤去を敢行
畑の外に持ち出すのも時間がかかるし、次作は不耕起での豌豆を考えているので、その場で細断することに
上の方から刈込鋏で5~10cmに刻んでいく
根元は地際まで切っておく
根が飛び出していると、躓いたりして、ややこしい
両サイドの数株を残して、刻み終えた

雨で元気になった菜心を摘む
まだまだ脇芽が出て来ていて、収穫できそう

明日、かずしに届ける野菜を収穫

みやまこかぶ間引菜
水菜間引菜
小松菜間引菜

水菜は間引きと言えども30cm弱になっている
これも早く間引かないといけない

小松菜も気づいたら大きくなっている
種を播きすぎて、密植気味
間引きがてら、収穫してみた

畑を見渡してみると、どの野菜もどんどん育っている
発芽率、生育状況ともにすこぶる良い
こんなにも野菜が生長するとは、思いもよらなかった

早く販売をしていかないといけないが、調製場所を確保しなければいけない
電話で黒田さんに相談してみた
納屋だけを貸してくれるところはなかなか見つける事は難しいが、空家が2軒あるらしい
日曜の朝に紹介してもらうこととなった
自分はどんなに古くても大丈夫だが、美沙がどうか
良い所が見つかると良いが
  • このエントリーのカテゴリ : オクラ
2013年10月24日(木)

18℃/20℃ 雨

台風の影響で午前中は強い雨
扇風機を片付けたり、梅干しの様子を見たり、洗濯物を干したり
午前中は家事をこなした

午後から少し雨が弱くなったので畑へ

昨日移植したこぶ高菜とのらぼう菜は、雨のおかげでしっかり活着している
やはり移植は雨の直前に限る

下の畑の畝立てをしてから初めての大雨
水はけの具合を確かめると、北側のはけが悪い
四隅に土が集まっていることもあり、水が畑の外に出て行っていない
平鍬で明渠を掘り直して、多少水が流れるようになった
畝自体を高くしているので、野菜にはそう影響ないとは思うが、作業効率を考えると水はけは必須
ちなみに上の畑は草の力なのか、春に比べて水はけが凄く良くなっている

雨で草取りも出来ないので、ナスの撤去をすることに
ちょこちょこと実がなっているが、商品価値があるナスは数本
ナスはF1品種なので、全て撤去する
10本ほどの苗だったが、両手でも引っこ抜くのが大変なくらい生長している
殆ど肥料もやってないのに、良く頑張ったと思う
来年は固定種を播いて、再来年は自分の種を播きたい

今日も蕪と水菜の間引きをして、帰宅
蕪はほんとに種を播きすぎていて、今日も落胆した
水菜も播きすぎてはいるが、間引き収穫で問題なくいけると思う

明日も雨の予報
そら豆の種を播いてみようかな
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2013年10月23日(水)

18℃/20℃ 曇のち雨

泣きだしそうな空
しかし、まだ降っていない
急いで畑へ行き、香附子取り
キリの良い所まで出来たので、そのあとは移植

のらぼう菜
こぶ高菜

玉ねぎ苗の脇で育苗したが、完璧な仕上がり
密植過ぎて、少しひょろ長くなったが、ほぼ虫もこず、綺麗な苗
発芽率も非常に高かったので、のらぼう菜は2条10cm、こぶ高菜は4条10cmの間隔で移植
最終的には40cmくらいの間隔にするが、間引き菜も適宜売っていく事にした

発芽が悪かったレタスも欠株への移植
先週草取りをしてから、急に元気になった
やはり生育途上の草取りは欠かせない

午後から雨が降ってきて、移植のタイミングとしてはベストだった
雨が降り過ぎてもいけないと思うが、ここは活着を祈るのみ

昨日に引き続き、みやまこかぶの間引き
しかし、厚播きがひどすぎる
反省を次回の種蒔きに活かそう
雨が強くなってきたが、水菜を収穫して今日の作業は終了

鶴田さん家にこかぶの間引き菜と水菜をプレゼント
マタニティのお礼も兼ねて
次男こうきがかぶが好きらしく、喜んでいた
鶴田さんのお母さんも里芋が美味しいと絶賛してくれた

水天宮に安産祈願にいってきた
今日は妊娠5か月目の初の戌の日
平日だったが、二人とも仕事を早めにあがり、小郡で合流
夜の水天宮で、333円の御賽銭をあげて、安産を祈願
あと5ヶ月、無事に育って欲しい
  • このエントリーのカテゴリ : 定植
2013年10月22日(火)

18℃/25℃ 晴

今日も香附子取り
前半の3畝と比較すると、前面に生えていて、なかなかペースが上がらない
しかし、玉ねぎとキャベツを移植する11月までに全ての畝を作らないといけない
もう少しで半分と言うところまで来た
時間をかけてやるしかない
来年のためだ

午後は中川さんの田んぼから稲わらを頂き
帰り際にみやまこかぶの間引き
種を播きすぎていて、相当間引かないといけない
これも経験
来年は、というかこれから播く種は最終的な野菜の育ち方を想像して播かないといけない
発芽が悪いのではないか、虫に食べられるのではないか、とビビって厚播きにしてしまった
適度な播き加減を考えて播こう

明日から台風の影響で雨らしい
午前中はギリギリまで香附子を取り、雨が強くなったら夏野菜の片づけを行う事にする
  • このエントリーのカテゴリ : 
2013年10月21日(月)

鶴田先輩、栗木先輩とお仕事
O高校にて緞帳の取り換え
足場を2階に上げての作業

朝から日暮れまで5人で作業してギリギリ終了

しかし、特殊な仕事があるものだ
畑が気になるが、いい経験になった

夜は、茂おじぃちゃんの誕生日パーティーですき焼き
明日で95歳だそうだ
武末家はおじぃちゃんを囲んでみんな幸せそう
末永く元気で居て欲しい
  • このエントリーのカテゴリ : 出稼ぎ
2013年10月20日(日)

17℃/22℃ 晴

快晴となった
朝っぱら、小カブを20袋つくる
最初100g入れたが、少なかったので130gに
130gで100円
慣行農法では高い部類かと思うが、無農薬有機栽培では妥当な値段だと思う

9時前に朝市の会場に着いて、準備を始める
屋根つきの場所には既に出店者が入っており、屋根のないちょっと離れたところに軽トラを停めて、開店準備
荷台を開放し、軽トラの後部をお店の前面になるようにした
苗箱に紙を敷いて、その上に野菜を並べる
地べたに商品を置くよりも手に取り易いのではないかと思う
畑で摘んできた菜心とコスモスの花を生け、準備完了
開店準備の途中からお客さんが来てくれた
無農薬に関しても興味を持ってくれるお客さんがあり、幸先良い滑り出し
売上は以下

みやまこかぶ  10 100円
 間引き菜
枝豆      7 150円
人参間引き菜  5 200円 ※完売
里芋(石川早生)3 250円
唐辛子     1 100円
生姜      2 100円
かぼす     5 150円

約5000円の売上となった
2時間の販売時間としては、上出来だと思う
来月以降はしっかりとした商品となる野菜ができはじめるので、準備を早めに行い、売っていきたい

また、来月のこの時期までには、固定客を掴めるように、以下の項目をしっかり準備したい

・店名
・ホームページ
・ブログ
・販売方針
・販売方法
・宅配ルート及び曜日時間

かなりのボリュームだが、香附子取りと同様、休まずじっくり進めていけば可能だと考える
明日は鶴田さんのお手伝い
明後日から本格的に秋冬野菜の追い込みに入ろう
  • このエントリーのカテゴリ : 販売
2013年10月19日(土)

18℃/25℃ 曇のち晴

夜から降り始めた雨は、朝方上がった
午前中は、明日の朝市の準備に充てた

午後から畑に行ってみると、ほとんど降っていないようだ
この頃、筑紫野は降ってても鳥栖は降ってない事がある
これまでは逆だったので何だか不思議

毎週2回の防除から
ブロッコリー2畝、カリフラワー1.5畝の防除
アオムシ、シャクトリムシがたまにいる
卵はまだまだ多い
しかし、少なくなってきた感じ
今年はヨトウムシの卵が凄く少ない
油断はできないので、少なくとも10月中は続ける

そのあとは人参の間引き、2回目
1回目であらかたやっていたので、そう多くはない
カタバミがしこっていて、それを抜きつつ、間引いていく
思いの外、真っ直ぐに伸びていて、しっかりと生長している
これは楽しみだ
間引き菜は明日、朝市でも売る
どのようなお客さんが来るのか、楽しみだ

ところで、人参の葉にアゲハ蝶の幼虫がたくさん居た
小さい幼虫は黒っぽくてすぐにわかるが、大きくなると保護色になって分かりにくい
モリモリと葉を食べるので、放っておいたら人参の葉を食べつくす勢い
中川さんに指摘されて気づいた
来年はしっかり頭に入れて、早めに観察を始めよう
ちなみに人参は直径1㎝、長さ10cmくらいに育っている

明日は、とすの朝市に初参戦
と言うか、初めての販売
頑張って売ってこよう!
  • このエントリーのカテゴリ : 人参
2013年10月18日(金)

18℃/26℃ 晴

今日は香附子取りをメインに
午前中は直播き白菜の欠株のところに移植を完了
午後はさつまいもを掘ってみたが、やはりひょろ長くて芋が太っていない
やはりもう待っても大きくならないのか
あと1週間くらい待ってみよう

明後日の朝市に向けて、大豆の比較的青いものをエダマメとして食べてみた
甘みが足りない気がするが、食べられる
葉を落として、枝付きで売る事にする

かぼすは3個150円
唐辛子は10本強で100円
里芋は400gで250円
蕪の間引き菜、人参の間引き菜は100円

週末は天気が悪く、既に雨模様となってきた
当日はどれくらい売れるだろうか
値段設定がちょっと強気だが、反応が楽しみである
2013年10月17日(木)

16℃/25℃ 晴

今日も素晴らしい秋晴れ
気温も低く、風も吹いているので、やや寒いが、動きやすい
午前中はキャベツの種をまく
しかし、冷床のスペースがない
こうなったらどっか野菜の隅に空いてそうなスペースに播くしかない
1ヶ月程度育苗する期間にその野菜の邪魔にならなければ良い
ニラの畝の端が空いている
草を取って、2条5㎝間隔で1粒播きにする
気温も下がってきたし、もう虫にたかられることはないだろう

直播きの白菜がヨトウムシに食べられて歯抜けになっている
1/4程度がなくなっている
もともと2~3粒播きしていたので、発芽が良かった白菜は3本あったりする
そこから抜いてきて、欠株の箇所に移植する
移植時に太陽が出ていたので、ちょっとしょぼくれていたが、しっかり活着してくれるだろう

午後は里芋を数本掘って、日曜の朝市の準備
株は小さいがまったく実が入っていないということはなく、それなりに生っている

今日も香附子を取って作業終了

最後にみやまこかぶを抜いてみた
厚播きにしていたので、密になっている
間引くように20本ほど抜いてみると、2㎝ほどの蕪が出来ているものもある
帰って、すき焼き風の鍋にこの蕪を入れてみると、美味
数もあるし、朝市での目玉商品にしようと思う

明日はさつまいもを掘り返してみよう
朝市に出せる品質の物が収穫できるだろうか
2013年10月16日(水)

16℃/20℃ 雲(強風)

急に寒い一日だった
台風が関東をかすめて行き、寒気と高気圧を連れてきたらしい
長そでだけではなく、ヤッケ上下にほっかむりをしての作業だった

ユリ科の畝の取りむらの草を取り、直播きレタスの除草に取り掛かる
じっくり腰を下ろして、小さいレタスの苗を傷つけないように、三角ホーではなく手で除草中耕
発芽が悪いのか、もしかしたら発芽時に虫にかじられたか
6割ほどしか苗が育っていない
もうちょっとしたら、2つ以上そだっているところの苗を移植しなければ
移植の作業も楽じゃない、植え傷みもあるし、慎重にやらないといけないし

そのあとは大根の種蒔き
上の畑に植えた大根は生長自体は良いのだが、播種のタイミングが早過ぎて、シンクイムシがどんどん来ている
葉は大きくなってきたが、恐らく最終的な生育は良くないだろう
ある程度は手で防除するが限界があるし、手間だ
やはり播種のタイミングは重要だ

その失敗を補うため、カリフラワーの隣の1畝を大根にした

青首長太宮重:3条、30cm間隔、約200点、2粒播き

大根は3粒播きが基本だが、発芽が良いので、2粒播きにして種を節約した
先日2袋購入していたので、この種は来年に回そう

ランチは亜橋でカレーのセット
ナンが食べ放題なので、お腹いっぱいになって、午後の部スタート

ブロッコリーの畝の草が気になり、三角ホーと手で大雑把に小さい草を撹乱していく
その際に、台風の北風で倒れてしまっている株元に土を寄せてあげる
この時点でブロッコリーの背丈は20㎝強だが、主茎が細くて背だけ大きくなった株は折れたり辺に曲がったりしている
やはりぐっと太く生長しなければ、最後まで良い生育はできない
なんたって慣行栽培ではなく、露地の自然栽培なのだから

草取りがひと段落したあとは、香附子取り
台風の影響で筑紫野は風雨が酷かったが、鳥栖は雨がほとんど降っていない
雨の影響で香附子が取りにくいかと思いきや、まったく問題ない
日没でやめたが、こつこつと進んでいる
10月中にどこまでやれるか、頑張ろう

明日はキャベツの種蒔き、里芋掘り、香附子取りのメニューでいこう
明日の予想最低気温は12℃、気を引き締めよう
風邪など引いている暇はない
  • このエントリーのカテゴリ : 大根
2013年10月15日(火)

19℃/25℃ 曇

今日は妻の4ヶ月健診
妻は悪阻が酷いと毎日うるさいが、順調に育っている
頭部が3㎝強、身長は10cm以上になっているとのこと
最初のイベントは安産祈願
水天宮に行く事に

台風の影響で雨が降りそうなので、急いで畑へ
11時過ぎから2時間弱で香附子を取り、2畝分のスペースをやっと確保
耕耘機を管理機代わりにして、畝溝を切る
平鍬で畝を立て、レーキで均して、2畝を作った
その際、畑に耕耘機が入るスペースがないことに気づいた
畑の真ん中50cmほどを帯状に掘り上げ、耕耘機が入るスペースを作った
ちょっと勿体ないが致しかたない

そのあとは、菜花の畝を三角ホーで中耕除草
レタスの畝も草が生えてきたが、ブロッコリー等の虫取りを優先
ブロッコリー、カリフラワーの計4畝の卵取りを終え、日没
前回の防除から1週間経たずに、卵が孵化している
やはり週に2回の防除が必須であると考える

来年は2倍の作付を予定する
香附子取りの工数がなければ、問題なく作業がこなせるものと思われる

明日は、ゴボウ、キャベツの種蒔きとレタス、ブロッコリーの畝上の草取りを予定
早い時間に雨がやんでくれれば、と思う
  • このエントリーのカテゴリ : 防除
2013年10月14日(月)

19℃/28℃ 晴

嫁と喧嘩して、朝寝坊して、10時から作業開始
今日も涼しいが、日中は汗ばむ陽気となった
今日は一日中、香附子取りとした
明日の午後から台風26号の影響で雨らしいので、雨が降り始める前に畝を立てて、種蒔きをしたい
香附子取りが3メートルくらい残っているので、明日は朝イチでそれを終わらせたい
香附子がどんどん勢力を増してきて、除草のペースが遅くなっている
10月中に取る事は難しくなってきた
こうなれば、玉ねぎの定植までがデッドラインとなる
野菜の畝の草取りと虫の卵取りと並行して、頑張って香附子取りを終えよう!
気合いが必要な領域になってきた…
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年10月13日(日)

19℃/25℃ 晴

今日も秋晴れの良い天気
朝は肌寒いが、昼間は涼しげな風と太陽で最高の農作業日和
今日は計画通りに草取り実施

ユリ科の4畝を三角ホーと手で中耕除草
小さいうちに草をかいておけばかなり楽なはず
4畝はすぐに終わって、次は直播き白菜2畝を三角ホーで中耕除草
こちらは葉が大きくなってきているので、草も大きくなれないだろう
大まかにやって終えた
ヨトウムシに食べられて、欠株が多いので、近いうちに元気な株を移植しよう

その後は、玉ねぎの除草
発芽して2週間くらいの苗はまだまだ小さい
4条に綺麗に生えてはいるが、慎重に扱わないと苗まで引き抜いてしまう
実際数本抜いてしまった
2時間強で終わり、玉ねぎの畝を見ると、すっきりと4条の苗が生えそろっている
なかなか良い感じに草取りができた

その後は香附子取りの続き
まだ湿っていて少し取りにくいが、やれないことはない
のらぼう菜、こぶ高菜、キャベツなどが控えているので、早く香附子を抜いてしまって、畝を立てないと

夕方に、妙子さんと美沙が畑に
菜心、茄子、オクラ、里芋、ミョウガ、紫蘇の実を持って行ってもらった
月末にお父さんが東京のおにいさん一家のところに行くらしく、東京にお野菜を持って行くとのこと
月末ならば結構野菜ができてきているだろう
  • このエントリーのカテゴリ : 玉ねぎ
2013年10月12日(金)

19℃/25℃ 晴

肌寒い朝
資源ごみ回収に古紙を出して、畑へ

前日の雨で畑は湿っている
じゅるくはないが、サラサラではない

まずはブロッコリー、カリフラワーの防除
アオムシ、アオムシの卵、アブラムシを丹念に葉を見て、防除していく
午前中のほとんどの時間をかけて防除を終えた
1週間経たないうちにアオムシは孵化しているようなので、やはり週に2回の防除が必須

大根と白菜に芯食い虫(ハイマダラノメイガ)が来ているので、最後に播いた大根の畝の防除
大根も大きくなってきたが、シンクイムシも相変わらず居る
もう少しの辛抱か

午後からは、南側の野菜が植わっているところの香附子取りをすることに
道路側の畝はやはり香附子が多く生えてきており、時間をかけて抜いた
ついでに道路側の一畝(ブロッコリー)だけは、小さい草の除草も兼ねて中耕を行った
明日は、小カブから数畝の除草・中耕を半日、香附子取りを半日することにしよう
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年10月11日(金)

22℃/30℃ 雨のち晴

就寝後、深夜1時過ぎから雷雨で起こされた
朝方まで雨が降り続き、9時台まで降っていた
久しぶりに雨量も多く、畑には午後から行く事に
前日のカリフラワーとサラダ菜の移植のタイミングは最適だった

今日は筑紫野市の倉掛さんが来られた
就農補助金の申請に関わる書類を持って、就農状況をヒアリングしに来られた
雨で畑には行けないので、話だけで、畑は後日と言う事に

午前中は家の片づけ、資源ごみをまとめたり、掃除機をかけたり、溜まった家事をこなした
昼ご飯を食べてから、畑に出発
土が緩いので、草取りも出来ない
そこに、鶴田さんから電話
「川原んとこで明日呑むけん、お前んとこの野菜を持って行く」
と言う訳で、販売可能な野菜を考える
夏野菜も終わりを迎えているし、冬野菜はまだ小さい
そろそろ実が入ってきた里芋とさつま芋を掘ってみる事に
さつま芋は蔓の定植が遅かったのと蔓ボケ気味で、ひょろ長く、あまり大きくなっていない
一株の個数も少なく、芋掘りは来週に延長にする

里芋はどうか
葉を食われ過ぎず、主茎もやや大きめのものを2つ掘り上げてみる
赤芽(セレベス)であったが、小芋がとても大きい
一つ150gくらいあり、一株から1㎏くらい採れた、上出来
4月27日に植えた里芋、約半年かかったが、大きくなってくれて嬉しい
主茎が細く、しょぼくれている株も多いので、来年への課題は多いが、とにかく多少は売れる量が確保できそうだ
石川早生は、小芋の数が多く、一般的な大きさの小芋がコロコロと親芋に付いていた
こちらは主茎が細いわりには小芋の総重量が600gくらいあり、そこそこの出来
全体的にどれほどの収量になるか、来年のためにだいたいの量を記憶しておこう

結局、里芋・枝豆・オクラ・茄子・紫蘇の実を提供し、1,000円で売ってもらうことにした
里芋と枝豆の出来からするとちょっと安い気がするが、買う側がどう感じるかが大事
川原さんに明後日あたり感想を聞いてみよう

明日からの3連休は晴れ、15日からまた雨の予報
この3日でどれだけの草を取れるかが大事
芽吹いてきた野菜の畝上の小さな草もかきつつ、香附子も取っていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 里芋
2013年10月10日(木)

22℃/29℃ 晴

何とか2畝分のスペースの香附子を取り終えたので、今朝は畝立てから
8時の時点で25℃を優に超えている
耕耘機と平鍬を駆使して、1時間強で2畝を立て終わったが、汗だく
朝から汗臭くなってしまったが、移植を今か今かと待っている苗があるので、休まずに作業

野崎早生カリフラワー:
 ブロッコリーに遅れること2週間ほど
 苗が大きく丈夫に育った
 満を持して、1畝半に移植を敢行
 2条、40cm、千鳥
 先日中原種苗場で購入した移植ごてを使ってみたが、やり易い
 気温が高く、陽射しも強かったので、ややしおれ気味であるが、明日の雨で元気に活着してくれる事を祈る

美味タス(サラダ菜):
 9月4日に播種したものが大きく育っており、もうちょっとしたら食べられるくらいのサイズに
 遅くなったが、移植する事にした
 畝が足りない恐れが出てきたので、ブロッコリー、白菜の苗を育てた跡地に移植
 基本的には3条20cmくらい
 人参の芽が出なかったところなどもフルに使って、約120株を移植
 もとの苗床にも20㎝間隔で残しているので、200株弱が収穫できそう
 虫もあまりこず、こんなに大きくなってくれるとは
 思わぬ収穫
 あとは苗がしっかり活着してくれれば満点

汗だくになって、一休みしようというところに、栗木さんが登場
リアルゴールドを頂き、世間話
JR九州の7つ星には、各観光地を周遊するバスがあるらしい
一台4,000万円のバスに4,000万円をかけて、デザインとリフォーム
凄い力の入れ様だが、電柱の事と言い、ボロがこれ以上でなければ良いが

栗木さんに枝豆をプレゼントしたあとは、香附子とりを1時間ほど
18時には暗くなってきて、作業時間が短くなってきた
昼間の時間を有効に使う工夫をしないと
手弁当は必須だ
2013年10月9日(水)

24℃/29℃ 雨のち晴

台風はそれてくれたので、風雨の被害はほとんどなし
白菜もブロッコリーも元気そのもので、唯一の変化点は背が高くなっていたオクラ
ちょっと斜めに倒れていたけど、もう収穫はほとんどしていないオクラなので、問題なし

午前中は昨日収穫していた枝豆も株から莢をもぎまくった
ショウケ1杯分の枝豆
販売先もまだないので、美弥子さんに送ろう
手紙をもらったきり返事も書いていないので、良い機会

午後から畑に行くと、雨量が本当に少なかったようで、畑はベチャベチャにはなっていない
と言う訳で、香附子取りを3時間ほど
明日は夕方から雨らしいので、朝は畝を立てて、カリフラワーとサラダ菜を移植しよう
それが終わり次第、香附子取りをする、と言うスケジュールで

明日も頑張っていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 除草
2013年10月8日(火)

20℃/26℃ 曇のち雨 台風24号接近

朝は小雨
午前中は小康状態だったので、香附子取り
ここ数日で、3畝分の香附子を抜いた
あと10畝分…今月中に終わるかどうか…野菜の苗が控えているので、無理しても頑張らないと

台風の接近に伴って、雨が強くなってくる予報
午後はお休みにするとして、枝豆の収穫
サカタのタネで購入した【茶っころ姫】
茶と黒を1畝ずつ栽培したのだが、どう言うわけか、茶は美味しかったが、黒はイマイチ
茶は小粒で甘い
黒はちょっと大粒だが、甘みが足りない
来年は茶を枝豆として栽培することに決定
収穫適期も短いし、2畝分くらいを予定

その枝豆
黒が成熟してきてしまったので、10株ほどをもいで自家用に
茶も熟して来てしまう前に、30株ほど株ごと持って帰って来た
明日も雨なので、内職がてらもぐことにする

ただいまの時刻15:00
22時くらいに最も接近するらしい
大きな被害を免れますように
  • このエントリーのカテゴリ : 大豆
2013年10月7日(月)

22℃/29℃ 晴のち曇

今日も暑い
10月としては、異常な暑さだと言う
野菜の生育、害虫の発生にどう影響するか
水稲には、ウンカの被害が多く出ているらしい

今日も香附子取りに明け暮れる
朝から晩まで香附子取り

ここ最近播いた野菜の種は概ね順調に生育している
定植時、暑さでしょぼくれていた白菜がぐっと大きくなってきた
ここからの生育が見もの、無肥料の白菜ができるか

台風24号が近づいている
大型で非常に勢力が強い台風
ルートは九州の西海上をシュートして、九州北部に上陸、横断する予報
これが当たれば、稲や果物の被害は甚大だろう
少しでもそれてくれる事を祈るのみ
うちの畑はパイプ車庫だけが心配
小さい苗もちょっとやばい?

明日は大雨らしいが、朝早くに畑の様子を見に行かないと
2013年10月6日(日)

20℃/29℃ 晴のち曇

朝は田原を畑に案内

小郡駅に送っていったあとの午前中
下の畑の既に野菜を植えている畝にちょこちょこ生えてきた香附子を取る
半分ほど終わったところでお昼
香附子も生えるが、畝を立ててから1ヶ月くらい経つので、他の草も生えてきている
もうちょっとしたら中耕がてら、畝上の草をかこう

午後は二日酔いのために長めの昼寝
15時から原さんの野菜の収穫とブロッコリーの虫取り
ほとんどの株にシャクトリムシとアオムシが卵を産み付けている
まだそんなに食べられていないこの時期にしっかり虫の卵を防除しておこう
10月中は、1週間に2回の虫取りを行おう
日曜と水曜は虫取りとしよう

17過ぎに原さんと宜子さんが畑に来てくれた
スバルの新車で登場
白ベースのハイブリッド車でカッコいい
一通り畑を案内したあと、これからの販売方針や園のネーミングについて立ち話
鶴田さんと言い、原さんと言い、本当に愛されていると感じる
先輩たちに報いる意味でも、どんどん理想を現実にしていこう
  • このエントリーのカテゴリ : 防除
2013年10月5日(土)

19℃/26℃ 雨

朝一で貞清工務店へ
枝豆のお土産を持って、おがくずをもらいに
風呂釜くらいの大きさの袋に一杯
これで下の畑の周囲におがくずが入れられる
レッドキィウィをもらって帰った

帰り道でイナバへ
稲葉さんに靴下とグリップ手袋を頂く
稲葉さんはモトグッチとドカティと言うバイクを持っているが、どちらも200万円以上だそうだ
そこまでの買い物は出来ないと思うが、余暇を楽しめるお金の余裕がいつか持ちたい

雨で香附子取りが出来ないので、鶴田さんの枝豆、オクラ、菜心を収穫
まだまだ雨がやまないので、株ごと収穫して車庫に置いておいた唐辛子と鷹の爪の調製を車庫の中で
3株分だが、けっこう沢山採れた
売ると考えたら少ないので、来年は10株くらい作ろう

そのあとも雨がやまないので、車庫の整理整頓を
調製のためのスペースはないが、栽培のための道具類はけっこうそろってきた
管理機が手に入れば、機械は十分
調製の場所をどうにかしなければ

この頃、枝豆が最盛期
食べても食べてもまだまだある
来年の枝豆もこのくらいの量で良いかも知れない
大豆とは別に2畝程度の栽培としよう

3時から田原家
3女の渚来(なぎ)ちゃん、めちゃくちゃ可愛かった
丈夫な子が生まれてきますように
  • このエントリーのカテゴリ : 大豆
2013年10月4日(金)

20℃/28℃ 晴

今朝は上の畑の虫取りをしたあと、自宅で乾燥していた出島を定植
秋じゃがを定植していた畝を確認したところ、半分くらいが腐って芽が出ていない
やはり暑いときに種芋を切ってはいけないのか
ここ数日は涼しかったし、程よく風もあったので、しっかりと傷が乾燥した
2畝分くらいは補植できたが、あと2畝分は種芋がない
自宅に保管しているテント生えの芋を確認してみよう

そのあとは、早生キャベツとサニーレタスの種を冷床に播種
畝幅に10ヶ所では混み過ぎるので、7ヶ所にした
虫の被害を乗り越えて、良い苗が出来るように祈る

キャベツ(渡辺早春)    :7×20=140ヶ所、1粒播き、苗床にしている畝に播種
サニーレタス(サンブライト):7×16=122ヶ所、2~3粒播き、同上

そのあとは香附子取り、雨が降っていないのと、土がサラサラなので、香附子が取り易い
涼しくなってきたし、この調子でどんどん取っていきたい
なんとか今月末までに全ての畝を立て、玉ねぎなどの苗物の移植に備えたい

昨日気づいたヨトウムシの被害
池松君に電話で聞いたところ、畝を立てる前に既にそこに住んでたヨトウムシだろうとのこと
産卵された形跡がないので、妙に納得した
そうであれば、大きく成長したヨトウムシを手で取ってしまえば、被害はなくなると言う事
そうであって欲しい

明日は貞清工務店におがくずを取りに行く
頑張っていこう
2013年10月3日(木)

20℃/28℃ 晴

今日のメニューは以下

虫取り:大根、カリフラワー苗、ブロッコリー
水やり:苗全般、定植したブロッコリー
草とり:下の段の道路沿いから1m×18m
種蒔き:ニラ、車庫前1畝、2条10cm間隔の10粒播き

やっとニラを播いて、車庫前の短い4畝は蒜で埋まった
ネギ、分葱、ラッキョウ、大蒜、ニラ
何だか臭そうなエリアとなった

水やりのついでに、小カブと直播き白菜の畝をよく見ると…
なんとどっからともなく黒っぽいヨトウムシが葉をかじったり、畝の上を悠々と歩いている!
白菜の若芽が食べられてるな、誰の仕業かな、と思っていたところだった
立てたばかりのまっさらな畝、草もまだあまり生えていない畑に、どこからヨトウムシがやってきているのか
よく分からないが、テデトールでどんどん取っていく
早めに気づいてよかった
明日からこれも日課にしなければいけない

この頃の日課は、虫取り・水やり・香附子取り
10月は苗を虫から守ろう月間

そろそろ枝豆を揃えて帰ろうかとしていたら、黒田さんに呼ばれて、枝豆を株ごと頂いた
うちのものより背が高く、虫食いも当たり前だがない
葉を取って、1.5㎏で括って、250円で直売所で売っているらしい
枝付きとは言え、2、3株でこの値段は破格
と言うよりも旬だから、数を売りたいからとは植え、本当に安すぎる
消費者の立場からしても、安すぎる値付けは自分の首を絞める事になると思うのだが

今日は可野ちゃんが枝豆が欲しいって言うんで、人参の葉、茄子、オクラなんかと一緒にあげた
400円くれた
ものを売るってのは難しい
でもまだ売るよりも作る方を頑張ろう

明日も香附子を取りまくって、明後日からは苗を移植出来るように頑張って畝を立てよう
  • このエントリーのカテゴリ : ニラ
2013年10月2日(水)

20℃/30℃ 晴

昨日の疲れで9時前まで寝ていたが、筑紫野市の倉掛さんの電話で起床
来週、就農補助金の面接に来るそうだ
どういう面接なのか

しんどい体だったが、しっかり朝食を食べて、山本家へ野菜を届ける
千両なす1袋 150円
丸オクラ1袋 100円
菜心1袋   150円
唐辛子1袋  100円
枝豆1袋   300円
合計    800円

農業を始めて初のお客さん
嬉しくてかなりサービスしてしまったが、お金を頂けると言う事は本当に嬉しいこと
このお金でまた種が買えるし、農作業が安心して出来る
実際にはもっと売らないと安心できないが、この積み重ねだと思う
どうやってスムーズに届けられるか早いとこ考えないと
来月には野菜がどんどんできてくる

その後は、ナカハラ種苗へ
以前から行ってみたかったお店
竹下駅の近くの幹線道路の角にある
こじんまりとした店内に種や農作業の用品が綺麗に陳列されている
F1の種以外にも在来種・固定種の種が全体の2割くらい置かれている
地元の在来種も数点置いてあったので、来夏の作付は在来種にも挑戦してみよう

大根、豌豆、サニーレタス、ニラ等の種と失敗気味の出島の種芋1㎏を購入した

午後からは、香附子取りと水やり
白菜とブロッコリーはつがったようだが、まだまだ元気がない
もうちょっと水やりを継続する
ここ2週間で播いた種は、レタス以外は発芽良好
しっかりと水やりをしてレタスの発芽を信じたいが、芽が出なければ、播き直し
暑さが原因か、乾燥が原因か、採光が原因か
好光性種子なので、採光かも知れない

ししとうと唐辛子を撤去
ししとうは真夏に葉がしおれ、ここ1ヶ月収穫できなくなっていたので、撤去
唐辛子は十分に株が育ち、9割方赤く色づいたので株ごと抜いて、車庫で乾燥させることにした
鷹の爪1株と唐辛子2株
自家用、漬物用、そして販売するのにも十分な量が採れた

枝豆を連日食べているが、今日は大豆として育てている八尋さんからもらった苗のやつを食べてみた
小ぶりだが味が良い
中川さんの黒豆は大きいが、甘みが足りない
黒豆として収穫することにする
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム