FC2ブログ
09 月<< 2018年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎの除草

2012年2月22日(金)

今朝も氷点下
日中の陽射しは暖かく、春めいてきたが、朝晩はまだまだ真冬
今日は大きくなりすぎたはるやまの蕪を収穫して売り出した
その蕪には大きくなった蕾がついていた
オオテギの近くの畑の白菜にはもう立派な花が咲いていた
春はもう来ている

午後から多少気温が上がってきたので、オオテギへ
八尋さんと光輝さんは、じゃがいも定植の準備
ここ数日の快晴により、田んぼの水がしっかり引いて、管理機が入れるくらいになっている
そこに、あらかじめ三角ホーで筋をつけた畝溝を管理機で溝を切っていく
久しぶりの平鍬で溝を綺麗にする
まだ畝溝が浅いので、明日もう一度管理機をかけて、日曜日の月例会でじゃが芋定植予定

隣の玉ねぎ畑は草が生えてきている
まだ5㎝に満たない草だが、この時期に除草しておくと、後が楽になる
ただし、一畝を3人で2時間くらい費やす
一人でやると仮定すると、7~8畝あるので、丸一週間かかる計算になる
ほろんどの人がマルチを使って、草を抑え、地温を上げて、早く育てる
しかし、マルチを使わないメリットを考えると、自分もマルチを使わずにやりたい
沢山、大きいもの、ではなく、ゆっくりとかけがえのないものを
玉ねぎ栽培に、八尋さんのポリシーが垣間見える
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 玉ねぎ

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。