FC2ブログ
07 月<< 2018年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月11日(金)

2013年10月11日(金)

22℃/30℃ 雨のち晴

就寝後、深夜1時過ぎから雷雨で起こされた
朝方まで雨が降り続き、9時台まで降っていた
久しぶりに雨量も多く、畑には午後から行く事に
前日のカリフラワーとサラダ菜の移植のタイミングは最適だった

今日は筑紫野市の倉掛さんが来られた
就農補助金の申請に関わる書類を持って、就農状況をヒアリングしに来られた
雨で畑には行けないので、話だけで、畑は後日と言う事に

午前中は家の片づけ、資源ごみをまとめたり、掃除機をかけたり、溜まった家事をこなした
昼ご飯を食べてから、畑に出発
土が緩いので、草取りも出来ない
そこに、鶴田さんから電話
「川原んとこで明日呑むけん、お前んとこの野菜を持って行く」
と言う訳で、販売可能な野菜を考える
夏野菜も終わりを迎えているし、冬野菜はまだ小さい
そろそろ実が入ってきた里芋とさつま芋を掘ってみる事に
さつま芋は蔓の定植が遅かったのと蔓ボケ気味で、ひょろ長く、あまり大きくなっていない
一株の個数も少なく、芋掘りは来週に延長にする

里芋はどうか
葉を食われ過ぎず、主茎もやや大きめのものを2つ掘り上げてみる
赤芽(セレベス)であったが、小芋がとても大きい
一つ150gくらいあり、一株から1㎏くらい採れた、上出来
4月27日に植えた里芋、約半年かかったが、大きくなってくれて嬉しい
主茎が細く、しょぼくれている株も多いので、来年への課題は多いが、とにかく多少は売れる量が確保できそうだ
石川早生は、小芋の数が多く、一般的な大きさの小芋がコロコロと親芋に付いていた
こちらは主茎が細いわりには小芋の総重量が600gくらいあり、そこそこの出来
全体的にどれほどの収量になるか、来年のためにだいたいの量を記憶しておこう

結局、里芋・枝豆・オクラ・茄子・紫蘇の実を提供し、1,000円で売ってもらうことにした
里芋と枝豆の出来からするとちょっと安い気がするが、買う側がどう感じるかが大事
川原さんに明後日あたり感想を聞いてみよう

明日からの3連休は晴れ、15日からまた雨の予報
この3日でどれだけの草を取れるかが大事
芽吹いてきた野菜の畝上の小さな草もかきつつ、香附子も取っていこう
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 里芋

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。