FC2ブログ
07 月<< 2018年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月16日(水)

2013年10月16日(水)

16℃/20℃ 雲(強風)

急に寒い一日だった
台風が関東をかすめて行き、寒気と高気圧を連れてきたらしい
長そでだけではなく、ヤッケ上下にほっかむりをしての作業だった

ユリ科の畝の取りむらの草を取り、直播きレタスの除草に取り掛かる
じっくり腰を下ろして、小さいレタスの苗を傷つけないように、三角ホーではなく手で除草中耕
発芽が悪いのか、もしかしたら発芽時に虫にかじられたか
6割ほどしか苗が育っていない
もうちょっとしたら、2つ以上そだっているところの苗を移植しなければ
移植の作業も楽じゃない、植え傷みもあるし、慎重にやらないといけないし

そのあとは大根の種蒔き
上の畑に植えた大根は生長自体は良いのだが、播種のタイミングが早過ぎて、シンクイムシがどんどん来ている
葉は大きくなってきたが、恐らく最終的な生育は良くないだろう
ある程度は手で防除するが限界があるし、手間だ
やはり播種のタイミングは重要だ

その失敗を補うため、カリフラワーの隣の1畝を大根にした

青首長太宮重:3条、30cm間隔、約200点、2粒播き

大根は3粒播きが基本だが、発芽が良いので、2粒播きにして種を節約した
先日2袋購入していたので、この種は来年に回そう

ランチは亜橋でカレーのセット
ナンが食べ放題なので、お腹いっぱいになって、午後の部スタート

ブロッコリーの畝の草が気になり、三角ホーと手で大雑把に小さい草を撹乱していく
その際に、台風の北風で倒れてしまっている株元に土を寄せてあげる
この時点でブロッコリーの背丈は20㎝強だが、主茎が細くて背だけ大きくなった株は折れたり辺に曲がったりしている
やはりぐっと太く生長しなければ、最後まで良い生育はできない
なんたって慣行栽培ではなく、露地の自然栽培なのだから

草取りがひと段落したあとは、香附子取り
台風の影響で筑紫野は風雨が酷かったが、鳥栖は雨がほとんど降っていない
雨の影響で香附子が取りにくいかと思いきや、まったく問題ない
日没でやめたが、こつこつと進んでいる
10月中にどこまでやれるか、頑張ろう

明日はキャベツの種蒔き、里芋掘り、香附子取りのメニューでいこう
明日の予想最低気温は12℃、気を引き締めよう
風邪など引いている暇はない
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 大根

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。