FC2ブログ
07 月<< 2018年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月20日(日)

2013年10月20日(日)

17℃/22℃ 晴

快晴となった
朝っぱら、小カブを20袋つくる
最初100g入れたが、少なかったので130gに
130gで100円
慣行農法では高い部類かと思うが、無農薬有機栽培では妥当な値段だと思う

9時前に朝市の会場に着いて、準備を始める
屋根つきの場所には既に出店者が入っており、屋根のないちょっと離れたところに軽トラを停めて、開店準備
荷台を開放し、軽トラの後部をお店の前面になるようにした
苗箱に紙を敷いて、その上に野菜を並べる
地べたに商品を置くよりも手に取り易いのではないかと思う
畑で摘んできた菜心とコスモスの花を生け、準備完了
開店準備の途中からお客さんが来てくれた
無農薬に関しても興味を持ってくれるお客さんがあり、幸先良い滑り出し
売上は以下

みやまこかぶ  10 100円
 間引き菜
枝豆      7 150円
人参間引き菜  5 200円 ※完売
里芋(石川早生)3 250円
唐辛子     1 100円
生姜      2 100円
かぼす     5 150円

約5000円の売上となった
2時間の販売時間としては、上出来だと思う
来月以降はしっかりとした商品となる野菜ができはじめるので、準備を早めに行い、売っていきたい

また、来月のこの時期までには、固定客を掴めるように、以下の項目をしっかり準備したい

・店名
・ホームページ
・ブログ
・販売方針
・販売方法
・宅配ルート及び曜日時間

かなりのボリュームだが、香附子取りと同様、休まずじっくり進めていけば可能だと考える
明日は鶴田さんのお手伝い
明後日から本格的に秋冬野菜の追い込みに入ろう
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 販売

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。