FC2ブログ
03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
2013年10月26日(土)

17℃/20℃ 晴

朝は山本家に野菜を宅配
水菜・蕪の葉・小松菜・里芋で700円
かずしも千恵ちゃんも居たので、上がり込んで1時間強話した
妊娠出産のこと、農園の名前のこと、配達の方法のことなどいろいろと
春日市の奥様方は、配達の時間は夕方~夜が良いとのこと
どちらかと言うと、専業主婦かパートで働いている奥さんが多く、朝晩の忙しい時間帯よりも昼のゆっくりした時間が良いらしい
配達の時間は、要検討

昼前から畑に行って、ブロッコリー、カリフラワー、白菜の防除
カリフラワーにはあまり虫はついていない
ブロッコリーには孵化してすぐの小さなアオムシとシャクトリムシが多い
白菜は卵取りをしていないが、葉をもりもり食べて糞をしまくっているアオムシを駆除
全ての野菜がだんだん大きくなってきている
ここ2日の雨で、さらに生育が良くなる事だろう

貞清に小松菜と水菜をプレゼントするために最後の1時間弱は収穫
帰る間際に、黒田さんに紹介してもらった貸家を見に行った
一軒は古すぎて、家主さんが貸す事を辞退
もう一軒は、こちらも古いが、先日売れてしまったらしい
これでまた振り出し
神社の裏の3畝ほどの畑を貸しても良いと黒田さんに言われた
見に行ったが、ちょっとじゅるいので、また乾いてから見に行って判断することにした

夜は定例会
貞清と田原が参加
久しぶりに弁慶で焼鳥
けっこう食べて、一人2,000円
相変わらず安い
ボトルを入れて1年以上経っているので、持ち帰って欲しいと言われた
あと2合くらいある一升瓶を持って帰った
ラーメンは厳しいとの中年二人の要望を聞き入れて、「こなから」に

久しぶりにしっかり食べて飲んだ
明日は安産祈願とオニオンと芋掘り
オフの気分で楽しもう
  • このエントリーのカテゴリ : 防除
2013年10月25日(金)

17℃/19℃ 雨のち曇

今日も雨が降っている
午後から始動することにした

小雨の中、出来る事を
1月前くらいから収穫が鈍っていたオクラの撤去を敢行
畑の外に持ち出すのも時間がかかるし、次作は不耕起での豌豆を考えているので、その場で細断することに
上の方から刈込鋏で5~10cmに刻んでいく
根元は地際まで切っておく
根が飛び出していると、躓いたりして、ややこしい
両サイドの数株を残して、刻み終えた

雨で元気になった菜心を摘む
まだまだ脇芽が出て来ていて、収穫できそう

明日、かずしに届ける野菜を収穫

みやまこかぶ間引菜
水菜間引菜
小松菜間引菜

水菜は間引きと言えども30cm弱になっている
これも早く間引かないといけない

小松菜も気づいたら大きくなっている
種を播きすぎて、密植気味
間引きがてら、収穫してみた

畑を見渡してみると、どの野菜もどんどん育っている
発芽率、生育状況ともにすこぶる良い
こんなにも野菜が生長するとは、思いもよらなかった

早く販売をしていかないといけないが、調製場所を確保しなければいけない
電話で黒田さんに相談してみた
納屋だけを貸してくれるところはなかなか見つける事は難しいが、空家が2軒あるらしい
日曜の朝に紹介してもらうこととなった
自分はどんなに古くても大丈夫だが、美沙がどうか
良い所が見つかると良いが
  • このエントリーのカテゴリ : オクラ
2013年10月24日(木)

18℃/20℃ 雨

台風の影響で午前中は強い雨
扇風機を片付けたり、梅干しの様子を見たり、洗濯物を干したり
午前中は家事をこなした

午後から少し雨が弱くなったので畑へ

昨日移植したこぶ高菜とのらぼう菜は、雨のおかげでしっかり活着している
やはり移植は雨の直前に限る

下の畑の畝立てをしてから初めての大雨
水はけの具合を確かめると、北側のはけが悪い
四隅に土が集まっていることもあり、水が畑の外に出て行っていない
平鍬で明渠を掘り直して、多少水が流れるようになった
畝自体を高くしているので、野菜にはそう影響ないとは思うが、作業効率を考えると水はけは必須
ちなみに上の畑は草の力なのか、春に比べて水はけが凄く良くなっている

雨で草取りも出来ないので、ナスの撤去をすることに
ちょこちょこと実がなっているが、商品価値があるナスは数本
ナスはF1品種なので、全て撤去する
10本ほどの苗だったが、両手でも引っこ抜くのが大変なくらい生長している
殆ど肥料もやってないのに、良く頑張ったと思う
来年は固定種を播いて、再来年は自分の種を播きたい

今日も蕪と水菜の間引きをして、帰宅
蕪はほんとに種を播きすぎていて、今日も落胆した
水菜も播きすぎてはいるが、間引き収穫で問題なくいけると思う

明日も雨の予報
そら豆の種を播いてみようかな
  • このエントリーのカテゴリ : 撤去
2013年10月23日(水)

18℃/20℃ 曇のち雨

泣きだしそうな空
しかし、まだ降っていない
急いで畑へ行き、香附子取り
キリの良い所まで出来たので、そのあとは移植

のらぼう菜
こぶ高菜

玉ねぎ苗の脇で育苗したが、完璧な仕上がり
密植過ぎて、少しひょろ長くなったが、ほぼ虫もこず、綺麗な苗
発芽率も非常に高かったので、のらぼう菜は2条10cm、こぶ高菜は4条10cmの間隔で移植
最終的には40cmくらいの間隔にするが、間引き菜も適宜売っていく事にした

発芽が悪かったレタスも欠株への移植
先週草取りをしてから、急に元気になった
やはり生育途上の草取りは欠かせない

午後から雨が降ってきて、移植のタイミングとしてはベストだった
雨が降り過ぎてもいけないと思うが、ここは活着を祈るのみ

昨日に引き続き、みやまこかぶの間引き
しかし、厚播きがひどすぎる
反省を次回の種蒔きに活かそう
雨が強くなってきたが、水菜を収穫して今日の作業は終了

鶴田さん家にこかぶの間引き菜と水菜をプレゼント
マタニティのお礼も兼ねて
次男こうきがかぶが好きらしく、喜んでいた
鶴田さんのお母さんも里芋が美味しいと絶賛してくれた

水天宮に安産祈願にいってきた
今日は妊娠5か月目の初の戌の日
平日だったが、二人とも仕事を早めにあがり、小郡で合流
夜の水天宮で、333円の御賽銭をあげて、安産を祈願
あと5ヶ月、無事に育って欲しい
  • このエントリーのカテゴリ : 定植
2013年10月22日(火)

18℃/25℃ 晴

今日も香附子取り
前半の3畝と比較すると、前面に生えていて、なかなかペースが上がらない
しかし、玉ねぎとキャベツを移植する11月までに全ての畝を作らないといけない
もう少しで半分と言うところまで来た
時間をかけてやるしかない
来年のためだ

午後は中川さんの田んぼから稲わらを頂き
帰り際にみやまこかぶの間引き
種を播きすぎていて、相当間引かないといけない
これも経験
来年は、というかこれから播く種は最終的な野菜の育ち方を想像して播かないといけない
発芽が悪いのではないか、虫に食べられるのではないか、とビビって厚播きにしてしまった
適度な播き加減を考えて播こう

明日から台風の影響で雨らしい
午前中はギリギリまで香附子を取り、雨が強くなったら夏野菜の片づけを行う事にする
  • このエントリーのカテゴリ : 
 

プロフィール

むたこ

Author:むたこ
食べ物を育て、それを食べて生きていく
そんな生活が心地良いと、ふと思った
農業の素人が、独り立ちするまでの備忘録ならぬ備農録

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム